エレクトーンデモンストレーター宮内康生の独り言。:So-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択

「跳ねる」けど「跳ねない」...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この動画から...。



【Les Champs Élysées/Daniele Vidal 】

御存知、「邦題「オー・シャンゼリゼ」」です。



↑この曲「も」、
エレクトーンの「テキスト」の中に入っていましたから、
誰もが弾いていました。

本当に...。(しみじみ...。)

他の方のレッスン中の部屋から聞こえて来たり、
「発表会」や「コンサート」で演奏なさるのを聴いたりと、
エレクトーンで演奏されるのを
「聞く・聴く」機会が、沢山有りました...。



さて...。

↑この曲、確かに、
「メロディーの明るさ・軽快さ」に、
弾いて楽しいし、「聞いて・聴いて」いても楽しい曲です。



でも!

そこが「落とし穴」の曲です。



「軽快さ」に、
演奏し始めてすぐに「ノッて来て」(←文字でこれを表現するのって難しい...。)
「跳ねる」事に「拍車」が掛かり、
結果「「うさぎのダンス」状態」になってしまいます。

「「うさぎのダンス」状態」の「うさぎのダンス」とは、
↓この曲の事です。



【童謡うさぎのダンス】

↑この「うさぎのダンス」は(演奏したり、歌ったりする時)
「跳ねる」事が楽しい曲です。



でも!
「オー・シャンゼリゼ」を↑こんな風に「跳ねて」しまうと、
「メロディーが明るい・軽快」だけに、
普通に跳ねていても「跳ね過ぎ」に聞こえてしまいます...。

それは、「度が過ぎる「明るさ」」になってしまいます。



つまり、
「オー・シャンゼリゼ」は、
「跳ねてしまわない」=「跳ねない」演奏をする事が「ポイント」なのです...。

もっと言うと、
「跳ねる」けれど「跳ねない」と言う奏法が必要な曲なのです...。



と、ここで...。



↑この「オー・シャンゼリゼ」は勿論「ジャズ」では有りませんが、
ちょっと↓こんな内容に切り替えます。



仕事柄、良く、
「ジャズ」の「ノリ」「リズム感」に関して
御質問を頂きます。

そんな時、
「ジャズ=「跳ねる」事」だと勘違いしない様にする事、
それが「ポイント」の1つだとお話しさせて頂きます。



「ジャズ」の曲は、跳ねません!



跳ねてしまうと、
「ジャズ」の曲の持つ
・渋さ
・暗さ
・明るいけど悲しい(哀しい)雰囲気
が「台無し」になってしまうからです...。



しかし、この「跳ねない」けれど「跳ねる」奏法を「習得」するのは
とても難しいです...。

そこで、↑この奏法を
「この「オー・シャンゼリゼ」で「練習」しましょう!」
と言う「意図」が有って、
エレクトーンの「テキスト」の中に入ったのでは?と思います...。



今日の最後に、
同じ曲「オー・シャンゼリゼ」の「跳ねるけど跳ねない」お手本として、
↓この動画を御紹介させて頂きます。



【Les Champs Élysées/Joe dassin】

もう、今日は、多くを語らず、これで...。


{み}



《追記》
「跳ねる」けど「跳ねない」奏法の「逆」で、
「跳ねない」けど「跳ねる」奏法「も」有ります。

「16Beat」なのに「Bounce」に聞こえる(聴こえる)曲が
「それ」です。

↑この「お手本」として、↓この曲を...。



【宝島/T-SQUARE】

「跳ねる」...。
「跳ねない」...。
「跳ねる」けれど「跳ねない」...。
「跳ねない」けれど「跳ねる」...。

「言葉」や「文字」で、↑これらを理解し、
それぞれの奏法を「習得」するのは大変だと思います。

ですから、尚更、「曲」を何度もよく聴いて...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

合う「禿げ頭」が無い...。 [日々雑感...。]

あまりに有名にな、↓このサイトです。

http://chanrio.com/#/
【ちゃんりおメーカー】

facebookで「facebookのお友達」から教えて頂きました。

それ以来、「色々と」作ってみてます。

そして、facebookのプロフィール画像で
使わせて頂いたりしました。

でも、残念ながら、「↑この記事の「タイトル」」の理由から、
「今現在(?)」のプロフィールが作れません...。



ははは...。



ははは...。



あははははは...。










(T_T)。。。。。










でも...。

その代わり...。

「髪の毛が有った時代」を「色々と」作ってみてます。

楽しいです...。





で...。

そんな中、「いつの間にか「出来てしまった」」のが、
「私の高校時代の姿」です...。




































































































150927.jpg





「そっくり」です...。

本当に...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「3っつのパート」を、きちんと...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

右手でメロディーを演奏し...。

左手でコード(和音)を演奏し...。

左足でベース(低音)を演奏し...。


この「3っつのパート」だけで、
本当は「最低でも二人」「最高だと何十人(時に百人以上)」
居ないと演奏出来ない曲(音楽)を、
「たった一人で」「たった一台のエレクトーンで」
演奏出来る。

それは、エレクトーン。

それが、エレクトーン...。

なんて楽しい「楽器」だ...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

読破出来ず...。 [好き(1)猫]

「猫好き」ですが、実際に飼っている訳では無いので、
どうしても入って来る「猫に関する情報」が少ないです...。

「マンガ好き」ですが、「何度も何度も反芻して読む」タイプなので、
どうしても入って来る「マンガに関する情報」が










言い訳です...。


「猫好き」の方には、
当たり前の様に御存知だったと思われるマンガを
この「シルバーウィーク中」に知りました。

ですから、
「えーーーっ!今頃?」
とか、
「知らなかったなんで信じられなんない!」
とか、
「「自称猫好き」が聞いて呆れる!」
とか、
お叱りを頂戴しそうで恐いです...。

こんな面白いマンガを知らなかったなんて...。



それから(知ったその時から)ずっと、
「ネットで」拝読させて頂きましたが、
余りの多さに読破出来ませんでした...。

「ネットで」公開されているのは、
このマンガの一部にも関わらず、
このマンガの魅力が凄く良く解ります...。

ですから、「読み飛ばす」事はせず、
「1話1話」、じっくりと拝読させて頂きました。

そして...。

このマンガのタイトルになっている「猫さん」が
亡くなるシーンは、号泣してしまいました...。





そのマンガは、↓こちらです。

http://www.moae.jp/comic/pentanokoto
【ペン太のこと/片倉真二】



もう、今日は、多くを語らず、これで...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「オルガンの音色」を御自分で...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

(昨日の続きです。)

いつもの事ながら、
「文章だけ」で伝えられる内容では無いのですが、
今日の内容も頑張って書かせて頂きます。
どうぞお付き合い下さい...。


エレクトーンが「タブレット」から「ボタン」になり、
「オルガンの音色」も「ボタンで=プリセットで」存在するので、
「それしか使わない」方が多くなりました。

又、STAGEA(【ELS-01シリーズ】)から、
「ORGAN FLUTE」を使えるのが
「C(カスタム)以上」になってしまったので、
「ORGAN FLUTE」で「オルガンの音色」を
御自分で作れる方が少なくなってしまいました...。

これが作れる様になると、
エレクトーンの「面白さ」「楽しさ」が倍増すると思うのに、
残念です...。





そもそも、「ORGAN FLUTE」の
例えば「8'(8(はち)フィート)」の読み方(呼び方)や、
何故「フィート」と言う表現をするのかと言う
「オルガンの基礎」自体「いつの間にか」忘れ去られてしまい、
結果、
「「FLUTE 8'」を「4'」にすると「PICCOLO」として使える」
と言う事が「ちんぷんかんぷん」で伝わらない様になってしまいました...。

本当は、↑これが、
・エレクトーンのレジストレショーン作成の「基礎」。
・エレクトーンの「本当の」楽しさ。
だと、私は思います...。



話を元に戻します...。



「オルガンの音色」を
「どうやって作るか?」と言う、
「エレクトーンの「機能の使いこなし」」をここに書く事と、
「どうやって「その音色の感覚」を養うか?」は、
とても一朝一夕で身に付く物では有りません...。

でも、「この感覚」を身に付ける事は、
そのまま「他の音色を作る感覚」に繋がります。

それは、
・何を。(音色の選択)
・どれ位。(量・音量)
・どんな風に。(音色効果=EFFECT)
足せば「どんな音色になるか?」
それが、「音色を作る感覚」に繋がるからです...。





「オルガンの音色なんて、作れなくたって
 「オルガンのボタン」を押して、その中から選べば良いでしょ?」
とおっしゃる方、意外に多いです。

でも、
その「オルガンの音色」の「ボタンで=プリセットで」存在する物と
「FLUTE ORGAN音色」を組み合わせで作る「オルガンの音色」は、
益々「面白く・楽しい」です。



例えば...。

《ここから~》
<1>
「VOICE EDIT」で
「某「オルガンプリセット」の「レスリースピーカーの「空気音=破裂音」」」
だけにする。

<2>
「ORGAN FLUTE」の「某フィート」だけを「某量」入れる。

<3>
その「<1>」に「某音色効果(EFFECT)」を掛ける。
(その数値も、勿論「自分で設定」する。)

<4>
同様に「<2>」に「某音色効果(EFFECT)」を掛ける。
(その数値も、勿論「自分で設定」する。)
《~ここまで。》





この「《ここから~》《~ここまで。》」は、
「文章だけで伝えられる事」です...。

どうぞ、↑この「答え」、
そして「オルガンの音色作り」の「Know & How」や、
「上記の「こう言う感覚」の「意味」」は、
どうぞ私の講座やレッスンで...。


{み}



《追記》
「オルガンの音色」は、
「クラッシックのオルガンの音色」も有ります。

この音色の作り方も、研究すると面白いです。

例えば、「パイプオルガン」は、
「パイプ」の中に「空気を送り込んで音を鳴らす」楽器です。

でも、↑この「空気を送り込んで音を鳴らす」楽器は、
「吹奏楽」で使われる楽器の(打楽器を除く)全てです。

と言う事は、「パイプオルガン」の音色を作る時に使える音色は...。

この先も、どうぞ私の講座やレッスンで...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「臨時記号」が多くても...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

「その昔」、エレクトーンの「テキストの中に」入っていました。
ですから、本当に「誰もが」弾いていました。


この曲が収録された「テキスト」に
「来るまで(到達するまで)」(小学校高学年頃)は、
「それなりに」沢山の曲をこなし、
「色々な事を学んで来た」筈なのに、
譜面に書かれた、メロディーの
「#」
「♭」
「ナチュラル(残念ながら、PCで使える「共通の記号」無し...。)」
の「臨時記号のオンパレード」と、
「コード=左手」が、殆ど「初めて見るコード」ばかりで、
「難しそう...。」
「この曲が宿題に出されません様に!」
と、密かに祈ってしまいました...。



でも!



自分で弾いてみると、
「臨時記号」が多くても、とても弾き易いメロディーだと解り...。

「階段状に1音1音並んだ」メロディーが、
弾いていてとても楽しく...。

又、初めは「苦労・苦心」した「コード=左手」も、
「コード進行」が「心地良く流れる」感じで、
「「コードの指の抑え方」が、指に記憶させ易く」...。

その「コードの響き」が、小学校高学年の私には
なんだか少し「大人になった気分にさせてくれる様な響き」で、
これも、弾いていてとても楽しく...。



「良い曲」は、時代を越えて残ります。

ですから、【ELS-02シリーズ】で弾いても楽しいと思いますし、
それ以前の機種で弾いても、同様に楽しいと思います。
ですからここに御紹介させて頂きます。



【Summer Samba/Walter Wanderley】



YouTubeで聴ける曲ですが、
是非CDで聴いて頂きたいと思います。

「「オルガンの音色の「響き・キレ」」は、
やっぱりCDには敵(かな)いませんので....。



さて...。

その「オルガンの音色」ですが...。


{み}


(明日へ続く...。)



《追記》
季節はもう、「「夏の終わり」を過ぎた」感じですが、
↑この曲「サマー・サンバ」の御紹介でした。

遅くなって、すいません...。

でも、この曲、「夏真っ盛り」と言うよりも、
「夏を懐かしむ感じ」の曲で...。

それに「続き=明日の内容」は、
とても大切だと思うので、ここに...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

雨です...。 [日々雑感...。]

あれから、テレビで大雨の被害に遭われた方々の
後片付けの様子や、町の様子を拝見する度、
言葉を無くしておりました。

「大変だと思います...。」
等と書かせて頂くのが憚(はばか)られる程、
その様子は過酷で...。


そんな中、
「今週木曜日(9月17日=つまり「今日」)は雨になる」
と言う天気予報が発表されてからずっと
それが当たらない事を祈っておりましたが、
その願いも空(むな)しく、今朝は早朝から「本降りの」雨...。

先程、テレビで、
「折角乾いた場所が~」
とか、
「再度、雨水が溜まって来ており~」
と言う被災地からの声が届き...。

この雨が、残念です...。



ここ数日で、気温がぐっと下がり、
就寝に「毛布1枚」が丁度良いと感じる程になりました。
日中でも、長袖でなければ風邪を引いてしまいそうな、
そんな気温です...。


「暑さ寒さも彼岸まで」とは本当に良く言ったもので、
毎年、「どんなに暑くても」「どんなに寒くても」、
「季節の変化が感じられる事」が「必ず起きる」、
それがお彼岸ですよね...。

不思議なものです...。

先日、「彼岸花」を見掛けた際、その中に、
「白い物(白い彼岸花)」を見付け、
「珍しいな...。」
と思いました...。



話を少し変えて...。

毎年この時季、「一度は」書かせて頂きましたが、
私は「秋が一年の中で一番好き」です。

それも、今頃(いまごろ)から
「ストーブを使い始める前まで」の時季「が」です...。

「暑く」も無く...。
「寒く」も無く...。
でも、
「暖かい・温かい」物が嬉しい、この時季が、一番好きです...。



{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

お見舞い申し上げます...。 [お見舞い...。]

改めて、今回の大雨で被害に遭われた方々へ、
心からお見舞い申し上げます。

今日(9月12日(土))は「晴れ」になるそうですが、
明日はまた広範囲で雨になると、
さっきの天気予報で伝えていました...。

折角水が引き始めたのに、
又、水を川へ流す作業が始まったのに、
それらが台無しにならないか、とても心配です...。


{み}


《「9月12日(土)朝」追記》
さっき大きな地震が有りました。

大雨で地盤が緩んでいるのにこの地震です。
どうぞお気を付けて...。

「こんな時に地震が来なくても...。」
と大雨で被災なさった方々への心配が大きくなってしまいました...。
一日も早い復興を、心からお祈り致します...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

絶対に、忘れない...。 [好き(8)NewYork!]

今年も、「9月11日」が来ました。
何年経っても、「あの日」の出来事は忘れる事が出来ません。

http://www.911memorial.org/
【National September 11 Memorial & Museum  World Trade Center Memorial】


{み}



《追記》
昨日も書かせて頂きましたが、
今回の大雨で被害に遭われた方々へ、
心からお見舞い申し上げます。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

どうぞお気を付けて! [お見舞い...。]

今回の大雨で被害に遭われた方々へ、
心からお見舞い申し上げます。

又、今現在(2015/09/10 09:00am)、
非常に広範囲で大雨が降り続いています。

「大雨特別警報」が出された地域も有り、心配です。
どうぞ、「身の安全第一で」行動なさって下さい...。

今後発表される大雨や土砂災害の情報に細心の注意を払い、
今日一日、お気を付けてお過ごし下さい...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

こう言う「訓練」「自主練」も大切です...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

ふと...。

「もし、
 「「過去のエレクトーンで「好きな機種」を1つ、手に入れる」
 としたら、何の機種にしようかな?」
と言う「発想=原点」から、思いを巡らし...。


「やっぱり【○○○】かな?」
「でも、【○○○】も良いし...。」
と、あれこれ、
そして、色々な機種を思い出し...。

機種名は【○○○】と「伏字」にしました。



その思いはどんどん巡って、
「【○○○】に【○○○】の「■■■■■」を加えて...。」
「そうそう、それに【○○○】の「■■■■■」も加えて...。」
と、更に、あれこれ、
それぞれの「機種の「特徴」」や、
「気に入っていた箇所」を思い出し...。

その「特徴」や「機能」も「■■■■■」と「伏字」にしました...。





↑これは、「(その時々の)今の」エレクトーンでの、
・レジストレーション(音色作り)
・リズム作り
にとても「必要な事」だと思います。

それは、「レパートリーの中に」「そう言う要素」を入れる為では
決して無く...。





今までの経験で例えるならば...。


<例1.>
【FX-1】で
【GX-1】の「ストリングス」と「ブラス」の音色を作って欲しい。


<例2.>
【EL-90】で
【HS-8】の「ストリングス」の音色を作って欲しい。


<例3.>
【EL-90】で
【D-3R】(又は【E-20】)の「リズム」を作って欲しい。

【御注意=エレクトーンにまだ「アナログリズム音色」が搭載される前の事です。】

等、等、等...。





これらは、全部、「その時々(それぞれの楽器の時代)に」、
その機種へ「買い替えをするお客様」から、
「今まで御自分の持っていた機種」で
「良く使っていた」「気に入っていた」音やリズムを
「買い替えた後の機種」でも「出したい=楽しみたい」為に
御質問頂いた内容です。


こう御質問を頂いた時、
「えぇっと...。」
と「考えてしまう」のは、エレクトーンデモンストレーターとして
恥ずかしく...。
(これを「恥ずかしい」と思えなければ、
 「とても成り立たない仕事」だと思います。)

こう言う御質問への「日々準備」し、
「「即答」出来る状態」にしておく事が必要です。



「以前の機種」を「絶対に「否定」」せず、
でも、
「今の機種」へ「買い替えて(乗り換えて)頂く」為に、
「過去のモデルの「特徴」や「機能」を忘れない様にし、
それを「どんな機種でも「出せる」「再現出来る」様にしておく」事、
この仕事では「本当に大切な事」だと思います...。


{み}



《追記》
【D-2B】や【D-3R】【E-20】に「搭載」されていた機能の
「パーカッションボタン」の「4っつの音」を、
「再現」した事、有ります。

その「再現」は、
【ELSシリーズ】から「完璧に再現」出来る様になりました。

「これ」をお聞かせした時、
「その当時」を御存知の方々は、
「似てる!!!」
と驚いて頂けて、とても嬉しかったです。

その「再現」方法は、
どうぞ、「レッスン」や「講座」で、御質問下さい。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

名曲中の名曲...。 [好き(7)曲/歌手]

最初に聴いた時、泣きました...。
その時買った「シングルCD」は、今も「宝物」です...。



歌詞、沁みます...。

「「誰か」を思う曲」でも有り、
「自分自身を思う曲」でも有り...。



【いつでも夢に花束を/山本潤子】


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

For solo performances... [好き(7)曲/歌手]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

アンサンブルでの演奏でも良いですが、
エレクトーン1台での「ソロ用」にアレンジして演奏すると良いです。

「譜面」や「曲を聴くだけ」では、難しそうですが、
弾いてみると、意外に「スラスラ」弾けてしまう、
不思議な曲です。

と、御説明させて頂いておいて、↓この動画をどうぞ...。



【"Morning to Morning" (Intro) / "Piano Concerto in G" - Official Video
 David Foster】


物凄く「ステージ映(ば)え」する曲なのに、
どう言う訳か、殆ど弾かれる事が無かった曲です。

このまま「忘れ去られてしまう曲」では、
あまりに勿体無いと思い、ここに御紹介させて頂きました。



私自身、【ELS-01C】の発売当初、
「ソロ用レパートリー」として「用意」しましたが、
「色々な事情で「却下」」され、
「人前で」演奏させて頂く機会の無かった曲です。





「色々な事情で」と言うのは、
「大人の事情で」と言う事にさせておいて下さい...。


もう、今日は、多くを語らず、これで...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

この「ニューヨーク撮影」は貴重だと思います...。 [好き(7)曲/歌手]

ネットで「調べ物」をしている内に、
↓この動画を見付けました。

大好きな曲、「でした」し、今も好きです。

この曲の「PV」を、
この曲が流行った「当時」、何とか手に入れようとしたのですが、
無理でした...。



【タイミング/ブラックビスケッツ】

ニューヨークの「WTCビル」でのロケ...。
そして、随所に「その外観」が映し出されるこの映像...。
とても貴重だと思います...。



今回、この記事を書かせて頂くのに、
「このPV」がいつ頃撮影された物なのか、調べてみました。

残念ながら、「正確にいつか?」は解りませんでしたが、
この曲の発売が「1998年4月22日」なので、
この撮影は、「その前」だと「推測」出来ます...。

でも、ニューヨークの街に「居る人」を見ると、
その洋服が「初夏」の様な感じで...。

「4月前」は「真冬~春先」で、
とても「こんな洋服で」(ニューヨークを)歩ける状態では
無いと思いますので、
と言う事は、余程「早く=1997年の初夏?」に撮影されたのかと、
「勝手に推測」しております...。

まさか、「曲の発売後」に「PV」が撮影されたとは、
ちょっと考え難いので...。

そう言えば、この曲の「シングルCD」のジャケットは、
「自由の女神像の「中」の「頂上」」、
つまり自由の女神像の「冠の所の窓」での撮影でした...。


これらの撮影が、いつでも、
「後に=2001年9月11日」あんな事が起きてしまうなんて、
全く想像出来なかった時で有った事は、確かで...。


{み}



《追記》
本当は、この同じ「PV」でも、
「もっと画像のきれいな動画」や、
「PVのメイキングシーンも入った動画」を、
同じYouTubeで見付けたのですが、
「御紹介させて頂いて良い動画かどうか」
少し不安でしたので、
「一番再生回数の多い」↑この動画にさせて頂きました。

いずれにしても、これらの動画で「終わり」には絶対せず、
何かの機会が有ったら、CDで、この曲を聴いてみる事を
お勧めします。

「PV」を、これだけの「規模」で出来てしまう程、
この曲の「大ヒット」を確信した曲作りです。
とても綺麗な「音質・音量バランス」の曲です。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

何か忘れてると思ったら...。 [好き(9)PEANUTS]

このブログを開設させて頂いてから、
「何か忘れてる様な、そうでない様な...。」
と、引っ掛かる事が、ずっと有り...。

それを、やっと思い出しました!


そうそう、↓このサイトを御紹介せて頂かなくては...。

それも、「↓このアイコンを使って」、御紹介したかったのです。










SNOOPY.co.jp

このサイト、本当に、楽しいですよ!


{み}



《追記》
↑このサイトの「壁紙」が、とても良いです。

以前「スクリーンセイバー」も使っていて、
御紹介させて頂いた事が有りますが、
今(私のPC)は「Windows 8.1」なので、
使っておりません...。

残念です...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

九月になりました...。 [好き(7)曲/歌手]

九月になりました。

今日は、過去に書かせて頂いた、↓この記事をお読み頂ければと思います。

http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-09-02
【九月になると...。】

「知る人ぞ知る」有名な曲、そして、有名な方のオリジナル曲です...。

【GX-1】で演奏された「名曲」の1曲だと思います。
そして、
是非、「ずっとずっと残って行って欲しい」、
「エレクトーンの為の「名曲」」の1曲だと思います。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー