感謝(1)言葉の代わりに曲で:エレクトーンデモンストレーター宮内康生の独り言。:So-net blog
So-net無料ブログ作成


感謝(1)言葉の代わりに曲で ブログトップ

「演奏中に携帯の着信音」の事...。 [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

先日のニュースでも取り上げられた、
「演奏中に携帯の着信音」の事...。

「舞台で楽器を演奏する事」を仕事にして居る方なら、
必ず経験が有る筈です、これ...。

そして「演奏を中断した or 演奏をし直した」と言う話も良く聞きます...。

 

私も、残念ながら、何回か経験が有ります。

しかし、一度も演奏を中断した事は有りません。

正直、
「中断し、もう一度最初から演奏したい...。」
と思った事は何度も有りますが、
でも、一度も「そう」した事は有りません。

 

 

今も「悪夢の様に」覚えて居るのは、コンサートの最後の曲、
それも、「静かな曲」の「更に静かなシーン」になった時...。

突然、鳴り響き出した「それ」は、もう「暴力」と言っても良い物でした...。

「着信音」が「曲」では無く「携帯のベル音」が、
会場全体の「曲に寄って作られた「緊張感」と「静寂」」の中に...。

 

でも、その時「も」解りました...。

「いきなり」現実に引き戻された事に
怒りを感じていらっしゃるお客様達の中に、
必死になって、その「携帯のベル音」を「排除=聞かない様に」なさり、
私の演奏する音だけに「集中しようとして居る方達」が
多くいらっしゃる事を...。

 

なるほど...。

これは絶対に演奏を止める訳には行かず...。

そう言うお客様の「応援」を、「無」には絶対にせず...。

 

これは「私独りで演奏=決断権は私に」と言う状況だから出来る事で...。

 

今回の様に、
・オーケストラ。
・携帯の着信音が、「マリンバの曲」。
・「停止されない」&「停止される雰囲気も無く、ずっと継続」。
されてしまっては、(曲を)停止せざるを得ないと思います。

 

今度、こんな状況に遭ったら、是非、演奏者の方へ、
「演奏継続の応援」を、心の中で送って上げて下さい...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「旧型」を前にしても...。 [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

今年も残す所(今日を入れて)3日...。
本当に早いものです...。


今年は、「エレクトーン生誕50周年」と言う事で、
様々な「旧型」のエレクトーンを演奏させて頂く機会を、多く頂戴しました。

50's(125×125)(元).jpg

以前、このブログでも触れさせて頂きましたが、
何しろ「エレクトーンデモンストレーター31年」ですので、
仕事で演奏させて頂いた機種の数(種類)も多く、様々な「旧型」を前にしても、
「その当時の演奏」を思い出すのに、多くの時間は必要有りませんでした...。

文字通り、「手が」、そして「体が」、覚えて居ると言う感じで、
練習の時、一瞬、
「次に何をしたんだっけ?」
と思っても、「手」や「体」は、勝手に動き...。

 

エレクトーンデモンストレーターの仕事は、
「そのエレクトーンの特徴を活かした演奏」をさせて頂く事です。
・新機能。
・新しい特徴。
を十分考慮しつつ、レパートリーを作成して行きます。

ですから、
「その(旧型の)エレクトーン」を前にしても「そう出来る」のは、
当然と言えば当然で...。


しかし...。

それでも...。

私自身も驚く程、本当に良く覚えて居て...。(笑)


主催者の方達の有り難い御配慮で、
どの機種も「取り扱い説明書」を御用意頂いておりましたが、
遂に、一度も「それを」開く事が無く...。(笑)


本当に楽しく演奏をさせて頂きました。
どうも有り難うございました。


{み}

 

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属する「ヤマハ(株)」とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。


開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。


このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

懐かしい...。 [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

このブログの「ネタ探し」をして居る時、
↓これを見付けました...。

090327.jpg

その昔...。
「エレクトーンを置く台」として作られ、
良く使わせて頂いた物です。


懐かしい...。
懐かしい...。
懐かしい...。

(T_T)...。


「演奏しない時」に、
少しでも「邪魔にならない様に」と、
又、「移動し易い様に」と、
「こんな形&デザイン」で「考案された物」でした...。


ちなみに...。


↑この画像の「台に乗って居る」エレクトーンは、
【D-700】だと思います。

↓【D-700】

D-700.jpg

他に、
↓【D-30】

D-30.jpg

↓【D-60】

D-60.jpg

を、良くこの台に乗せて、演奏させて頂きました。


懐かしい...。
懐かしい...。
懐かしい...。

(T_T)...。


この台の周りに、沢山の方が近付いて下さり、
演奏を聴いて頂きました...。

演奏中、私の後方で御覧になって居たお客様に、
私の「肘」が当たってしまい、
演奏を続けさせて頂きつつ、
お辞儀をし、お詫びしたりしました...。


懐かしい...。
懐かしい...。
懐かしい...。

(T_T)...。


そう...。
実は...。
この台...。


椅子を置くと、「ギリギリ」で...。
「椅子が落ちる事」を心配しつつ、
演奏させて頂いた記憶が...。


本当に...。

懐かしいです...。

(T_T)...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

一期一会...。01-05. [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

(内容は変わりますが、昨日の続きです。)

「一期一会」...。

090312一期一会.jpg

もう何度も、このブログで、
「エレクトーンデモンストレーター」と言う仕事について
書かせて頂きました。


「ここで演奏をして欲しい!」
と御依頼を頂戴すれば、
・どんな場所でも。
・どんな環境や状況下でも。
そして、
・どんな方達を前にしても。
エレクトーンを演奏をさせて頂く事、これが、仕事です。

それは、
時に、大ホールで、大勢のお客様の前で...。
時に、スーパーの店頭で、たった一人立ち止まって下さったお客様の前で...。


そんな仕事です...。


「コンサートホール」の場合では、「そんな事は」無く、
お客様は、「ずっとその場所に居て」下さいますが、
演奏させて頂く場所に寄っては、
・偶然その場所を通り掛かる=歩きながら。
・偶然居合わせる=嫌だなと思ったら、立ち去れる。
ケースも有り...。


つまり...。


偶然通り掛かった「その瞬間」...。
偶然居合わせた「その瞬間」...。

エレクトーンの演奏が耳に届いた「その一瞬」で、
エレクトーンって、
・楽しそうだな...。
・面白そうだな...。
と思って頂かなければ、
「その場所に」居続けて頂けません。


「その一瞬」を大切にしなければ...。


難しい仕事だと思います...。
でも、「それが」、楽しい仕事です...。


そう...。


私のさせて頂いて居る仕事は...。


正に...。


「一期一会」です...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

どうも有り難うございました...。 [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

1月30日(金)と31日(土)のコンサートが終わりました...。
【御参照=コンサートの「お知らせ」です。 [お知らせ(Concert等.)]/2008-12-19記入分】

50's(125×125)(元).jpg

D-2B.jpg


この日まで...。
その当日...。
そして、終わった今...。

何度も使わせて頂いた「この言葉」だけど、
ここに、再度、使わせて頂きます...。

 

どうも有り難うございます。

有り難う...。

おおきに...。

 

お忙しい中、又、悪天候の中御来場頂いた沢山のお客様へ...。

この演奏する機会を作って下さった皆々様へ...。

演出家の方へ...。

「舞台&会場作成/音響/照明/撮影」のスタッフの方々へ...。

当日の会場運営をして下さった方々へ...。

旧型のエレクトーンを、「奇跡的に」きちんと演奏出来る様にして下さった、
エレクトーンの技術の方々へ...。

そして、共演者の皆へ...。

 

本当に楽しく演奏させて頂きました!

演奏させて頂きながら、何度も泣き出しそうでした...。

 

どうも有り難うございます。

有り難う...。

おおきに...。


{み}

 

《追記》
このブログを御愛読頂いて居る皆々様、お待たせしてごめんなさい...。
どうぞこれから、宜しくお願い致します。...。{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

たった一人のお客様...。 [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

(昨日の続きです。)

色々な場所で、演奏をさせて頂きます...。


時に、大ホールで、大勢のお客様の前で...。
時に、スーパーの店頭で、たった一人立ち止まって下さったお客様の前で...。


場所は、スーパーの店頭でも...。
例え、たった一人のお客様でも...。
演奏をさせて頂く時の気持ちは、大ホールの時と同じです...。

1つの椅子.jpg

その演奏を聞いて下さって居るその方は、
きっと、何かの御用事の為、ここにいらっしゃった筈です...。

お忙しい中、足を止めて下さった有り難さ...。
そして、嬉しさ...。
その方の貴重なお時間を、私の演奏の為に使って下さった事に感謝...。


今、その時演奏させて頂いて居る最中、
「その立ち止まって下さった方がお好きそうな曲は何か?」を考え、
次にその曲を...。

もし引き続きその場に居て下さったら、嬉しさ倍増!
もし足を動かし、その場を立ち去ってしまったら、悲しさ一杯...。
こんな仕事です...。

 

随分前...。
ある方が、こんな一言を私に投げ掛けました。

 

 

宮内君もさ、良い歳なんだから、
もう少し、演奏する場所を選らばなくちゃぁね!
こんな仕事してて楽しい?

 

 

そんな物かなぁ...。
本当に、場所や人数は、関係無いのです...。


どうぞ、この内容をお読み下さった皆々様、
「キレイ事言って!」
「えぇ格好しぃ!」
と、御一笑下さい...。


{み}

 

(明日へ続く...。)



共通テーマ:趣味・カルチャー

ありがとう...。01-02. [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

(昨日の続きです。)

先日も、某老人ホームで、演奏をさせて頂きました。


演奏開始、一番最初に御紹介を受け、
開口一番「皆さん、こんにちは!」と御挨拶をさせて頂いた時既に、
心の中は、「うるうる状態」でした...。

そこにお集まりのお年寄りの方達のお顔...。
そのどれもが、「ニコニコ笑顔」です...。


ありがとう...。
今日の演奏会、楽しみにして下さってたんですね...。
ありがとう...。
でもね、一番楽しみにして居たのは、私だと思いますよ...。
だって、昨晩、眠れませんでしたから...。
最後まで、どうぞ宜しくお願い致します...。


「うるうる状態」の私の心..。
でも、それを悟られては、だめです...。
「平常心」を装って...。

だから、演奏中は、兎に角、笑顔で...。

でもね...。
皆さんの嬉しそうな笑顔を拝見すると、また「うるうる」...。
もう心はここで、大泣きです...。

でも、泣いたらだめです...。
でも、泣いたらだめです...。
笑顔です!

だから、いつも、笑顔を作る為に、両方の頬を引き上げて...。
思いっ切り引き上げて...。
それでも、途中何度も、泣き出しそうで...。
誰か...。
私の両頬を、「大型クレーン」で引き上げて...。(笑)


そんな、泣き出しそうな私の前で、曲の途中、
あるお一人が、声を上げて泣き始めてしまいました...。


きっと、この曲、思い出が沢山お有りになったんですね...。
その思い出、楽しかった物ですか?
良かった...。


音楽は、本当に、「不思議」な力を持った物です。
その曲が、心や体を、「あの日、あの時」に戻してくれます...。


まるで「タイムマシン」ですね...。


皆さんの顔が、少年少女の様に、活き活きとなって居るのが解ります...。
そしてそれはきっと、お顔だけで無く、心も...。
そして、体も...。

プログラムを進める内、車椅子に乗られ、
その方の御担当の方が、それをゆっくりと押しながら、
会場に入って来られた方も、何人か...。
ちらほらと...。


きっと、体調が悪くて、お部屋でお休みだったんですね...。
それが、演奏が聴こえて来たら、
「何か楽しそうだから行ってみたい...。」とおっしゃられて...。

そうですよね?
きっと...。
良かった...。
お元気になられるお手伝いが出来て...。


ありがとう...。


集まって下さって、ありがとう...。
貴重なお時間を、ありがとう...。
そして、沢山の大きな感動を、ありがとう...。


今、この会場の中で、一番幸せなのは...。
今、この会場の中で、一番元気になったのは...。


そう...。

この、私です...。

 

私の仕事は、「こう言う」仕事です...。
昔から、こう言う仕事を表現するのに、「とても便利な単語」が有ります...。


「天職」...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

ありがとう...。01-01. [感謝(1)言葉の代わりに曲で]

(今日は、ちょっと「固い話」です...。ごめんなさい...。)

エレクトーンデモンストレーターと言う仕事柄、
・国内外を問わず。
・色々な場所で。
そして、
・様々な方達を前に。
演奏をさせて頂いて来ました。

「ここで演奏をして欲しい!」
と御依頼を頂戴すれば、
・どんな場所でも。
・どんな環境や状況下でも。
そして、
・どんな方達を前にしても。
エレクトーンを演奏をさせて頂く事、これが、仕事です。
(って、当たり前か...。(笑))

「立派なコンサート会場だけで、クラッシックしか演奏しません!」
なんて言う「好き嫌い=わがまま」は、一切通用しません!
(って、これも当たり前ですね...。(笑))


その時々、色々な場所での演奏は、どこも本当に楽しいです...。


でも実は...。
一番楽しいのは...。


「各種施設での演奏」が、「一番楽しい仕事」になって居ます...。
(って、「他が楽しくない」って言って居る訳では無いです!(笑))

「各種」の
・学校。(幼保小中高大の学校)
・公(おおやけ)の施設。(刑務所等。)
・養護や介護施設。(児童養護施設や老人ホーム等。)
での演奏...。

これは、私が、「楽器の演奏を仕事として居る」のに、
卒業した大学が「音大」では無く、
某大学の「社会福祉専攻卒業」と言う「異質な学歴」を持った事が、
大きな理由だと思います。
(この「大学=社会福祉専攻」の話は、いずれその内に...。)


話を変えます...。


たまに、歌手の方やタレントさんが、
「慰問に行く」と言う言葉をお使いになられますが、
私は、「こう言う言い方」が、好きでは有りません...。

正しくは、「慰問に行く」では無く、「慰問に行かせて頂く」です。
この気持ちが無ければ、とても務まる仕事では有りません。


何故なら...。


こう言う「各種」学校や施設は、何処も、
「毎日のスケジュール」が決まって居ます。
それを、演奏会等の「イベントの為に変更する事」は、
とても大変な事なのです...。

例えば、「学校」...。
「時間割」に沿って授業を行って居るのに、
「エレクトーン演奏会」の為に、それを変更...。
大切な授業が、又、一週間内限られる数の授業が出来なくなります。
(音楽・美術・体育等...。)

例えば、「老人ホーム」...。
「体調管理の徹底」は勿論、
「演奏中の体調の急変への対応マニュアル作成」等...。


「各種」学校や施設の職員の皆様、そして関係者の方達が、
「演奏当日まで」、又、「開演の時間まで」、
どんな御苦労をなさるか...。

「様々な準備」と「取り決め」の連続...。
きっと、「演奏会なんて、無い方が良いのに!」と思われる程、
「大変な思い」をなさると思います...。。


ところで...。
何故急に、こんな話を書かせて頂いたかと言うと...。


{み}

 

(明日へ続く...。)



共通テーマ:趣味・カルチャー
感謝(1)言葉の代わりに曲で ブログトップ