誰もが弾いた、あの日あの時...。:エレクトーンデモンストレーター宮内康生の独り言。:So-net blog
So-net無料ブログ作成


誰もが弾いた、あの日あの時...。 ブログトップ
前の30件 | -

「これぞ!」の曲です。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

久々に、「誰もが弾いた、あの日あの時...。」です。

「この曲こそ!」
「これぞ!」
の「誰もが弾いた曲」だと思います。

それは「3曲」有り、
どれも「同じ位に」、
とても多くの方々が演奏なさった曲だと思います。


その「3曲」を「順不同」で、
一挙に、↓ここに御紹介させて頂きます。


まず1曲目は、↓これです...。



【A Whiter Shade Of Pale/Procol Harum】

御存知、「邦題「青い影」」です。


そして、もう1曲目は、↓これです...。



【And I Love Her/The Beatles 】


更に、もう1曲は、↓これです...。



【Agua de Beber/Astrud Gilberto】

「邦題「おいしい水」」です。



この「誰もが弾いた、あの日あの時...。」では、
いつも同じ様な事を書いてしまいますが、
「良い曲」と言うのは、時代を越えます。

今のエレクトーンで演奏しても、
凄く、
・弾きごたえ。
・聴きごたえ。
そして、
何よりも、
「格好良い」演奏になると思います...。

勝手な(私、個人的な)意見ですが...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。


↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】


どうぞお読み下さい。



{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====


このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、

無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

カウンターメロディー...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

エレクトーンを習い始めて、
「そんなに」年月が経っていない頃...。

テキストの中の↓この曲を、宿題として出され...。

左手で「コード」の「リズム打ち=刻み」を演奏しながら、
「1音の「全音符」」を演奏する事を学び...。

そして、それを「カウンターメロディー」と言う事も学び...。


テキストの中で、↑この譜面を見た時、
「うわっ!左手が難しそう!」
と思ったけれど、
でも、いざ練習を始めると、
「「カウンターメロディー」入りコード演奏」って、
 なんて楽しいんだろう...。」
と思い...。



「左手」だけで、
・刻み。
・対旋律。
の「2つ同時に演奏」なんて、
文章で書くだけで難しそうだけど、
↑これを克服すると、
エレクトーンの楽しさが倍増し...。

「これぞエレクトーンの醍醐味!」
と言う感じです。

ピアノでも「同様の」奏法は有るけれど、
「減衰音」でのカウンターメロディーは、
どうしても、「繋がり感」が無く...。



と、調子に乗って書き過ぎました...。



それでは、↓ここに、その曲を...。



【シャレード(コーラス)/Henry Mancine】

↑この曲の、↓この演奏も、是非、お聴き頂ければと思います。

https://youtu.be/vhd3w6P8T9c
【シャレード(コーラス)/Henry Mancine】


残念ながら、
「埋め込み無効作品」ですので、
どうぞクリックなさってお聴き下さい。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

マスカレード...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

エレクトーンに限らず、
多くの方々が演奏なさった、この曲...。

ですから、もう、何も書かず...。

そして、何も語らず...。


多くの動画がアップされておりますが、
その中から、2つ「だけ」、↓ここに...。



【This Masquerade/Carpenters 】




【This Masquerade/David Sanborn 】


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「猛練習」した曲です...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

このブログで、
特に人気の有る、この「誰もが弾いた、あの日あの時...。」です。

今日は、↓この曲を御紹介させて頂きます。



【Samba De Marcos/渡辺貞夫】

聴き易い曲なので、
「簡単に弾ける曲」と勘違いしてしまいそうですが、
実は、とても難しいです...。

と言うのも...。





このメロディーの「節回し」は、本当に難しく、
「きちんと時間を掛けて練習」しないと、
・指が縺(もつ)れ易い。
・1小節の中に「細かい音符」が多く、装飾音符に聴こえてしまう。
状態になってしまいます...。



事実、この曲が流行った頃、
↑この事が心配で、
「人前で演奏させて頂くまで(=自分で納得出来るまで)」、
「相当な時間が」必要でした...。



そして、この曲には、もう一つ...。

「演奏のヒント」として、こんな事も書かせて頂くと...。





「表拍を強く演奏」する事で得られる「バウンス=飛び跳ね」で
「裏拍」を感じさせる曲です。


「格好良く「裏のノリ」を出そう」と
「裏拍」を意識して演奏してしまうとこの曲の「軽快さ」は絶対に出せず、
結果、とっても「野暮ったい演奏」になってしまいます...。





もし「↑この文章」でお解りにならなければ、
「BASS(エレクトリックベース)「だけ」を「聴こう」」と思いながら
聴いてみて下さい。

「BASS」の、
「表拍」で演奏された「音」は、とても「はっきり=強く」聴こえるのに、
「裏拍」で演奏される「音」は、とても「弱く・短く」、
又、中には「裏拍に演奏される音符が無い箇所」も多く有る事に
気が付かれると思います。

でも、不思議な事に、「無い箇所」なのに、
「きちんと「裏拍」が有る様に感じられる」のは、
その直前の「表拍」が「強く・長く」演奏されているからです...。

↑って、
この説明文章だと、
益々解り難い説明になってしまった様な気がします...。

すいません...。


{み}



《追記》
私の記憶では、この曲、
「Samba de ~」と「de」なのですが、
ネット上で多数「do」とされています...。

どちらが正しいのか、
この記事を書かせて頂くに当たり、色々と調べましたが、
残念ながら、明快な答えが解りませんでした...。

すいません...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「風」や「空気」で...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この動画から...。



【えんぴつが一本/坂本九】

↑この曲、小学生の時、「宿題で」弾いた記憶が有ります。

「三つ子の魂~」なのか、
今でも、時々、↑この曲を思い出します。


でも...。


「発表会」等で弾いたのなら解るのですが、
「宿題で」出された時だけ弾いた、
つまり
何度も「弾き直した」「弾き続けた」訳では無いのに、
何故か、時々、思い出します...。



音楽とは、不思議な物で、
それを聞いた(聴いた)時の
「風」=風の吹き方・強さ、等...。

「空気」=温度・匂い、等...。
も一緒に覚えてしまう様です...。

だから、
例え長い時間が経っていても、
その時と同じ「風」や「空気」を感じた時、
「瞬時に」その曲も一緒に思い出したりします...。


よね?(笑)


{み}



《追記》
メロディーの「一番最初」が「6度」の曲は、
・印象に残り易い。
・ドラマチックな始まりに「し易い」。
と言われます。

↑この曲も、そうです。

私、ふとした切っ掛けで、
「心の中で」「頭の中で」メロディーが浮かんだ時、
「6度」の場合が多いです...。
(勿論「6度」だけでは無いです。)

そして、その時、
その「6度」を元に、勝手に(本当に勝手に)、
「メロディー」を作ったり、
更にそれを「展開=即興曲」に繋がる場合が有ったり、
逆に(これも勝手に(本当に勝手に))
「6度」の「既存曲・既成曲」を思い出す
(と言うか「ピックアップ」)したりします。

どうやら、こんな理由で↑この曲を思い出す事「も」、
有るみたいです...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

いつも「ラ・メール」...。<前編> [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この動画から...。



【La Mer/Charles Trenet】

↑この曲「も」、
エレクトーンの「テキスト」の中に入っていましたから、
皆もが弾いていました。

「覚え易い」メロディー、
そして、
「覚え易い」コード、
なので「弾き易い曲」でも有り、又、「忘れ難い曲」でも有りました...。


と言う事を踏まえて...。


{み}



(明日へ続く...。)



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「跳ねる」けど「跳ねない」...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この動画から...。



【Les Champs Élysées/Daniele Vidal 】

御存知、「邦題「オー・シャンゼリゼ」」です。



↑この曲「も」、
エレクトーンの「テキスト」の中に入っていましたから、
誰もが弾いていました。

本当に...。(しみじみ...。)

他の方のレッスン中の部屋から聞こえて来たり、
「発表会」や「コンサート」で演奏なさるのを聴いたりと、
エレクトーンで演奏されるのを
「聞く・聴く」機会が、沢山有りました...。



さて...。

↑この曲、確かに、
「メロディーの明るさ・軽快さ」に、
弾いて楽しいし、「聞いて・聴いて」いても楽しい曲です。



でも!

そこが「落とし穴」の曲です。



「軽快さ」に、
演奏し始めてすぐに「ノッて来て」(←文字でこれを表現するのって難しい...。)
「跳ねる」事に「拍車」が掛かり、
結果「「うさぎのダンス」状態」になってしまいます。

「「うさぎのダンス」状態」の「うさぎのダンス」とは、
↓この曲の事です。



【童謡うさぎのダンス】

↑この「うさぎのダンス」は(演奏したり、歌ったりする時)
「跳ねる」事が楽しい曲です。



でも!
「オー・シャンゼリゼ」を↑こんな風に「跳ねて」しまうと、
「メロディーが明るい・軽快」だけに、
普通に跳ねていても「跳ね過ぎ」に聞こえてしまいます...。

それは、「度が過ぎる「明るさ」」になってしまいます。



つまり、
「オー・シャンゼリゼ」は、
「跳ねてしまわない」=「跳ねない」演奏をする事が「ポイント」なのです...。

もっと言うと、
「跳ねる」けれど「跳ねない」と言う奏法が必要な曲なのです...。



と、ここで...。



↑この「オー・シャンゼリゼ」は勿論「ジャズ」では有りませんが、
ちょっと↓こんな内容に切り替えます。



仕事柄、良く、
「ジャズ」の「ノリ」「リズム感」に関して
御質問を頂きます。

そんな時、
「ジャズ=「跳ねる」事」だと勘違いしない様にする事、
それが「ポイント」の1つだとお話しさせて頂きます。



「ジャズ」の曲は、跳ねません!



跳ねてしまうと、
「ジャズ」の曲の持つ
・渋さ
・暗さ
・明るいけど悲しい(哀しい)雰囲気
が「台無し」になってしまうからです...。



しかし、この「跳ねない」けれど「跳ねる」奏法を「習得」するのは
とても難しいです...。

そこで、↑この奏法を
「この「オー・シャンゼリゼ」で「練習」しましょう!」
と言う「意図」が有って、
エレクトーンの「テキスト」の中に入ったのでは?と思います...。



今日の最後に、
同じ曲「オー・シャンゼリゼ」の「跳ねるけど跳ねない」お手本として、
↓この動画を御紹介させて頂きます。



【Les Champs Élysées/Joe dassin】

もう、今日は、多くを語らず、これで...。


{み}



《追記》
「跳ねる」けど「跳ねない」奏法の「逆」で、
「跳ねない」けど「跳ねる」奏法「も」有ります。

「16Beat」なのに「Bounce」に聞こえる(聴こえる)曲が
「それ」です。

↑この「お手本」として、↓この曲を...。



【宝島/T-SQUARE】

「跳ねる」...。
「跳ねない」...。
「跳ねる」けれど「跳ねない」...。
「跳ねない」けれど「跳ねる」...。

「言葉」や「文字」で、↑これらを理解し、
それぞれの奏法を「習得」するのは大変だと思います。

ですから、尚更、「曲」を何度もよく聴いて...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「臨時記号」が多くても...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

「その昔」、エレクトーンの「テキストの中に」入っていました。
ですから、本当に「誰もが」弾いていました。


この曲が収録された「テキスト」に
「来るまで(到達するまで)」(小学校高学年頃)は、
「それなりに」沢山の曲をこなし、
「色々な事を学んで来た」筈なのに、
譜面に書かれた、メロディーの
「#」
「♭」
「ナチュラル(残念ながら、PCで使える「共通の記号」無し...。)」
の「臨時記号のオンパレード」と、
「コード=左手」が、殆ど「初めて見るコード」ばかりで、
「難しそう...。」
「この曲が宿題に出されません様に!」
と、密かに祈ってしまいました...。



でも!



自分で弾いてみると、
「臨時記号」が多くても、とても弾き易いメロディーだと解り...。

「階段状に1音1音並んだ」メロディーが、
弾いていてとても楽しく...。

又、初めは「苦労・苦心」した「コード=左手」も、
「コード進行」が「心地良く流れる」感じで、
「「コードの指の抑え方」が、指に記憶させ易く」...。

その「コードの響き」が、小学校高学年の私には
なんだか少し「大人になった気分にさせてくれる様な響き」で、
これも、弾いていてとても楽しく...。



「良い曲」は、時代を越えて残ります。

ですから、【ELS-02シリーズ】で弾いても楽しいと思いますし、
それ以前の機種で弾いても、同様に楽しいと思います。
ですからここに御紹介させて頂きます。



【Summer Samba/Walter Wanderley】



YouTubeで聴ける曲ですが、
是非CDで聴いて頂きたいと思います。

「「オルガンの音色の「響き・キレ」」は、
やっぱりCDには敵(かな)いませんので....。



さて...。

その「オルガンの音色」ですが...。


{み}


(明日へ続く...。)



《追記》
季節はもう、「「夏の終わり」を過ぎた」感じですが、
↑この曲「サマー・サンバ」の御紹介でした。

遅くなって、すいません...。

でも、この曲、「夏真っ盛り」と言うよりも、
「夏を懐かしむ感じ」の曲で...。

それに「続き=明日の内容」は、
とても大切だと思うので、ここに...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

本当に「誰もが」...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この動画から...。



【Chim Chim Cher-ee (from "Mary Poppins")】

御存知、「チム・チム・チェリー」です。

一時期「テキストの中の曲」で、
本当に「誰もが」練習し、演奏していました。



「ワルツ」=「3/4」ですし、
覚え易い「メロディー」「コード進行」なので、
とても弾き易い曲ですが、
この曲の中に「落とし穴」が沢山有り、
「きちんと演奏出来る様にする」のがとても難しい曲だと思います。



「簡単な曲ほど難しい」と言うのを証明してくれる曲です。



うっかり「油断する」と、
「ガラガラガラ」と間違えてしまう、
恐い「落とし穴」が沢山有る曲です。


その「落とし穴」の代表的な箇所は、
「メロディー=右手」

「伴奏=(エレクトーンの場合)左足と左手」
の「音符=リズム打ち」が違う点です。


右手は「タン・タタ・タン」
伴奏は「タン・タン・タン」(又は「ぶん・ちゃっ・ちゃっ」)
と「2拍目」が違います。

この「2拍目」の「タタ」に、
伴奏(エレクトーンの場合)「左手」が「一緒になってしまい易い」です。

これを「防ぐ」「避ける」には、
兎に角「きちんと練習する事」です。

って、どんな曲も「きちんと練習する事」が重要ですが...。



他の「落とし穴」は、ここで書かせて頂くのは控えさせて頂きます。
どうぞ、私の「レッスン」や「講座」で御質問下さい。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「ラテン系」の曲は、強い! [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

この「誰もが弾いた、あの日あの時...。」、
とても「好評」です。

どうも有り難うございます。


それでは、今日は、↓この曲です。



【Copacabana (At the Copa) /Barry Manilow】

「聴いて頂いて楽しい曲」は「弾いて頂いても楽しい」です。
そして、
「弾いて頂いて楽しい曲」は「聴いて頂いても楽しい」です。
と、
こんな「コピー」を勝手に作って、
それを演奏の前に話しながら、
(演奏する)曲を「フェード・イン」したりしました。

その「トーク(=曲紹介の話し)」をしながら、
「右足=エクスプレッションペダル=音量調整」を思い切り下げておき、
リズムをスタートし、
「時にベースだけ」、
「時にベースと左手」、
の演奏をしながら「右足」を「徐々に上げて行く」事で、
「フェード・イン」...。



ところで...。



↑この曲が「流行った頃」
【D型=D-30やD-60】【E型=E-70】には、
「Latin Rock」と言う「リズム」が無く、
「SAMBA」(サンバ)で「代用」するしか無く...。


「「代用」なんて、変なの。」
と思われそうですが、
でも、この頃の、内蔵リズムの「SAMBA」は、
「明るいラテンのノリと雰囲気」で、
どうしても、↑この曲の「抑えた=大人の雰囲気」が出せず...。

ですから、↑「こう言う場合の「いつもの手段」」
(「リズムボタンを2つや3っつ押し」て
 リズムを「自分で作る」手法)で、
「独自に工夫」しておりました...。


後(のち)に、
【D-800・700】で「LATIN ROCK」と言うリズムが登場しましたが、
それでも、(それは使わず)、
その「独自の工夫」のリズムを「活かす形」で演奏させて頂き...。

更にその後(のち)、
【F型=FX/FS】で、「ピッタリ!」のリズムが登場し、
それからは、「それで」演奏させて頂きました...。



と、↑これらの「「リズム」の話し」だけだと、
「誤解」されそうなので、↓こんな事も...。


「ラテン」の曲も「流行り廃(すた)り」が有りますが、
「大ヒットした曲」の中で「ラテン系の曲」は、
「良い曲は「いつ弾いても」良い!」
と「色褪せる感じ」が有りません。

正に、「エバーグリーン」です...。

それはきっと【ELS-02シリーズ】で演奏しても...。


{み}



《追記》
残念ながら「Barry ManilowのCopacabana」の
「最初に流行った頃」の動画は、
「未公認」の物ばかりで使えませんでした...。
(↑この動画は、「それなりに」新しいアレンジの物です...。){み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

アンサンブルの「考え方」...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今の時代、
「大学のサークル」で「エレクトーン」に関する物が有り、
羨ましいです...。

グループの「レッスンで」知り合った形では無く、
又、「年齢も近い=同じ年代」なので、
「仲間意識」「強い絆」等を持ち易いのではないかと思います。
(「だからこそ」の「衝突」も有るのかもしれませんが...。)

そこで...。

学園祭や「他校との合同コンサート」等での「アンサンブル演奏」に、
↓こう言う「御提案」をさせて頂ければと思います。

もし、
何かの「発表の場所」で、
「アンサンブルの選曲」
「アンサンブル自体」
に悩まれた時の「ヒントに」なればと思います。



それには、まず、「↓こう言うお考え」を変えて頂ければと思います。

それは...。

本来アンサンブルと言う物は、
「一人が「ずっと」メロディーを弾いて」、
「一人が「ずっと」コードを弾いて」、
つまり、
「目立つ人」が一人居て、
「他の人は「その引き立て役」では無いと言う事です...。



と「いきなり」こんな事を文章で書かれても
「ピン」と来ないと思いますので、
ここから「具体例」として、続けます。



そこで、
「複数の人数で「共有する」「ハモる」」形でメロディーを演奏し、
それを演奏しながら
「コードの「刻み」」や「べた弾き」も、
同様に(一緒に)「共有」してしまう、
そんな「アンサンブル」を「御提案」させて下さい。

「メロディー」の「1フレーズ」を弾いたら、
その「合いの手」や「返事」の様に、
「違う1フレーズ」が出て来る曲、
そんな曲、沢山沢山有ります。



「コードの「刻み」」を担当する
「ピアノ」と「ギター」が曲中に在り、それが、
「時に違う「刻み」」を、
「時に同じ「刻み」」を演奏する曲、
そんな曲、沢山沢山有ります。

そして、「刻み」だけでは、
「バックの音」が「薄く」感じられるので、
「音量を少し控えて」、
「ストリングス」や「コーラス」が「薄っすら」
「白玉=全音符や二分音符」(時に四分音符等でも)
 で演奏されたりする「べた弾き」が「不可欠」です...。

↑この「べた弾き」も、
例えば、
「1人で「ドミソ」」と演奏してしまうのでは無く、
「3人で「ドミソ」」を「分担」すれば、
これはこれで、凄く「拡がりの有る」演奏になります。

しかも
「3人の「ドミソ」」の、それぞれ「音量を変える」と、
「1人で「ドミソ」」と演奏するよりも、
とても「綺麗なハーモニー」になります。

「拡がり」は有るし...。
「綺麗」だし...。
「そうする価値」は「十分に」在ります!



そう...。



「右手でメロディーを弾いて居る」時、
「左でコードの演奏をする」、
これこそ「エレクトーンの演奏方法=特徴」ですよね...。

だからこそ、それを、「アンサンブル」でも活かしましょう!





話を少し変えます。

「60年代~70年代の曲」には、
↑こんな形での「アンサンブル」にピッタリで、
「アンサンブルの皆が「平等に」難しく」、
だからこそ、
「アンサンブルの皆が楽しい曲」が沢山沢山有ります。



それと...。



「60年代~70年代の曲」は、
ドラムセットの打楽器の数が、
その後の「80年代」や、
「ドラムが「打ち込み」の時代」に比べて、
「非常に少ない」ので、
「「耳コピー」で「完コピ」」が、とても「し易い」です。

ですから、それを「R・P・P」に打ち込む時、
「比較的」楽に出来ます。
(勿論、「凝り始めたら」、キリが無いですが...。)

一人に「R・P・P」を作成する「役割」を任せるのでは無く、
皆で「一緒に」行えば、
これはこれで、凄く楽しいです。
「1小節ずつ」作り上げて行く事は、
「地道にコツコツ」で、ちょっと大変ですが、
出来上がった時の「達成感」「満足感」は、本当に素晴らしいです!



でも、
「60年代~70年代の曲」の「定番」の
「タンバリン」の「8分音符」や「16分音符」は、
わざと「R・P・P」に入れず、
「キーボード・パーカッション」、
例えば、
「ド・シ・ラ・ソ」
でも、
「ド・ソ・ミ・ド」
でも何でも良いですから、
「打ち込みでは無く、アンサンブルで参加する」
のが良いと思います。

それに、
「キーボード・パーカッション」の「ボリューム」の違う
レジストレーションメモリーを作り、
↑こう演奏しながら(レジストレーションメモリーを)変更すれば、
「打楽器の「強弱」表現」も「簡単に」出来るので、
決して「平坦な」「単調な」物にはなりません。

↑このパートの方は、とても大変だけど、
だからこそ、「無くてはならない存在」になります。


ですから、↑このパート以外の方に、
「要所要所の「キメの打楽器」」をお願いし、
同様に「キーボード・パーカッション」にし、
「メロディーを演奏しながら」、
「「キメ」の打楽器」を「きちんとタイミング良く入れる」事は、
とても「良い緊張感」を楽しめます...。



更に...。



そして、
同じく「60年代~70年代の曲」は、
「ベース」が兎に角格好良く、
でも、「複雑そう」「難しそう」に聴こえますが、
決してそうでは無く、
少し頑張れば「手(左手)」では無く、
「左足」又は「部分的に両足」の演奏が「可能」な曲が多いです。


ややもすると、
「一番上手な人」が「メロディーを一人で」演奏するのが
「アンサンブルの定番=お約束」の様に思われてしまいますが、
「一番上手な人」が「ベースだけを担当」し、
「左足」又は「部分的に両足」の演奏をする様にする事、
これはこれで「有り!」だと思いますし、
事実、この「ベース」が、凄~~~く格好良い物になります。





以上、↑この様にすると、絶対に、
「な~んだ...。私、こんなパートなんだ...。」
と、アンサンブルの「分担」の「不公平感」が無くなり、
「誰かが欠けると演奏出来ない or 楽しくない」アンサンブルに
出来ます...。


と、ここで、
これまで書かせて頂いた事の「例」として、
↓この曲を...。

https://youtu.be/xwzWMDE6EL0
【輝く星座/フィフス・ディメンション】

残念ながら、
「埋め込み無効作品」ですので、
どうぞクリックなさってお聴きになり、
↑今日の内容の「御参考に」なさって下さい...。


{み}



《追記》
今日書かせて頂いた「アンサンブルの考え方」は、
60年代~70年代にエレクトーンを習っていらした方ならば、
実際に(アンサンブルでの演奏で)御経験なさったか、
又は、御自身よりも「少し年上の方々が」、
そう言うアンサンブルをなさるのをお聴きになり、
憧れた方だと思います。

「アンサンブル」は、
↑こう言うのが「本当の姿」だと思います...。

「誰かが目立つ為」のアンサンブルでは無く、
「演奏する皆が「平等」」で、
「皆「で」その曲を演奏する」事...。

ですよね...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

時代を越えて・機種を越えて...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

↓この曲、本当に良い曲ですよね...。

大好きです!



【Twilight In Upper West/T-SQUARE】

この曲が「流行った」頃、
エレクトーンでも良く演奏されてました。

そして、
「この曲を弾きたいから」
と言う理由で、
エレクトーンを始められたり、
(エレクトーンを)「再開」なさった方、
多くいらっしゃいました。

「ゲスト演奏」に呼んで頂いた
「発表会」や「コンサート」に出場なさる方の中に、
必ず、お一人は、↑この曲を演奏なさる方がいらっしゃる、
そんな時代も有りました。



「流行り曲」で済ませてしまうのには、勿体無いです!
是非、今も、弾いて頂きたいと思います。
そして、これからも、ずっと!


{み}



《追記》
↓この曲も!



【TAKARAJIMA/T-SQUARE】

こんなに楽しい曲、弾かないなんて勿体無い!
勿体無さ過ぎ!

そうですよね?{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

必須!CM起用曲っ! [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今と違い、
「CM」が「唯一」の「音で伝えられる宣伝方法」だった時代、
それに「起用」「採用」される曲は、
(今と比較にならない程)「時代の最先端を行く」感じが有り...。


例えば、「化粧品」の「口紅」は、
その「新色」を説明する「歌詞」が、時に、
「単刀直入」で「直接的説明文章」の時代が有ったり、
その「真逆」で、
「抽象的」で「イメージ(想像)させる文章」の時代が有ったりと、
様々...。

それは、「そのまま」、「その時代」の特徴となり、
「単刀直入」「言いたい事をそのまま言う」のを
「良し」とする時代で有ったり、
「オブラートに包んで物事を伝える」「波風を立てない事」が
「美徳」とされる時代で有ったりと、
様々...。



そんな「深い意味を持つ」CM曲を、
レパートリーに加えるのは「必須中の必須」で...。
それも「出来るだけ早く」...。

レコード発売日の「朝一」
(つまり、レコード店の開店(十時)と同時に入店し)手に入れ、
家に飛んで帰ると、すぐ「耳コピー」をし、
「その日の午後には演奏出来る様にする」、
それが「当たり前」の時代でした...。

自分で書いても、
そして、今、自分で思い返しても、
凄い事をして居た時代だと思います。
「レコード」しか、
音楽を「手に入れる手段」が無かった時代ですし、
「発売日」になり、自分でレコードを掛けてみないと、
「曲全体」を知る「術(すべ)」の無かった時代でしたので...。



ですから、「今も忘れられない曲」ばかりですが、
そんな中、特に、
「今も「演奏出来る程」覚えて居る曲」、
「好きだった曲」、
そして、
「「リクエスト」が多かった曲」「ウケる曲」だったのが、
↓これらの曲でした。



【う、ふ、ふ、ふ/EPO】

そして↓、



【唇よ熱く君を語れ/渡辺真知子】


↑これらの曲、【D-800】で演奏させて頂く事が多かったです。

【E-70】には無かった【D-800】の「DISCO」と言うリズムが、
「ピッタリ!」で...。

この「DISCO」と言うリズム【D-700】にも搭載されておりましたが、
やはり「SOLO鍵盤」が「効果的」でしたので、
【D-800】の時に演奏させて頂く事が多く...。



話は変わりますが、
「SOLO鍵盤」が無くなった「モデル」のエレクトーンが登場した際、
「もう「SOLO鍵盤」は無くても、
 「メモリー」ボタンの充実」と「LEAD VOICE」の定着で、
 十分(「SOLO鍵盤」が無くても)ですよね?」
と、おっしゃる方々がいましたが、
私は、そうは思えませんでした。

「SOLO鍵盤」は、
UK(上鍵盤)を演奏しながら「同時に違う音色で」演奏出来ましたが、
(例えば「ユニゾン」「3度奏」「5度奏」)
「LEAD VOICE」は、(その「3度奏」「5度奏」で)
UK(上鍵盤)の音色も「一緒に」演奏されてしまいます。

この「違い」「差」は、大きいです。
そして「音楽的意味合い=演奏者を「何人」に想定するか」が、
全く違います。


と、思わぬ方向に話が進んで「完結」した所で、
それでは...。


{み}



《追記》
これは、いつの時代でも変わらない事、
そして、エレクトーンデモンストレーターとして、
絶対に気を付けなければいけない事の1つですが、
「CM曲」に限らず、演奏させて頂く前に、必ず、
「どんな店舗やブース」が
(エレクトーンが置かれた場所の)近くに有るかを
「きちんと「自分で」確認する必要」が有ります。

例えば、デパートの中、
例えば、「大型商業施設」の中、
等等等...。

演奏前、「自分自身」で周りを歩いてみて「確認」させて頂く事、
これは絶対に「必要」です...。


これは「一つの例」として、
「都内某駅」(駅構内)での演奏の際、
音の届く範囲には「某ラジオ局」が有り、
又、その「某ラジオ局」とは、「別系列」の「テレビ局」が在り...。

そんな場所では、絶対に「他局(この2社以外)」の
「主題歌」や「イメージ曲」は演奏しない方が良く...。
(と言うか、絶対に「演奏してはならず」...。)

それを「考えも無し」弾いてしまったら、
「「大クレーム」の嵐」になるのは「当然の結果」で...。

これは「別の例え」ですが、
「某有名企業」の「展示即売会」で、
「配慮の無さ」から「ライバル企業」の「CM曲」を演奏し
その「某有名企業の方々」を「激怒」させてしまい、
その「尻拭い」で
急遽(その当日)その実施会場で演奏をさせて頂く事になった事、
何度も有ります、私。

その「激怒」させてしまったエレクトーンデモンストレーターからは、
どの人からも(私への)「謝罪の言葉」は無く...。
偉そうな書き方ですが、
元々「そんな配慮・気遣い」が出来る人間で有れば、
最初から「こんな事」は「しない・ならない」筈で...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「バート・バカラック」さんの曲...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

「バート・バカラック」さんの曲...。

「その年代に」エレクトーンを習った方は、
「必ず」と言って良い程、演奏しました。


どの曲も、メロディーラインが「美しく」、だから「弾き易く」...。

リズムのノリも良く...。

でも、曲の途中、
・コード進行に
・リズム(拍子)に
「思わぬ展開が(必ず「どの曲にも」)有り」、
気を抜いて演奏していると
「大きな落とし穴」にもなってしまう「難しさ」が有り...。



もし...。
(「もし」ですよ)

「今年、「予測通り」、「70年代に流行った物」が「来る」」のなら、
「バート・バカラック」さんの曲の「リバイバル」や「リメイク」も、
「来る」筈...。



今日の最後は、↓この曲を...。

「当時」、まだ小学生だった頃、
「エレクトーンのレコード」を買って貰った時、
その中に、↓この曲が収録されていました。

色々なジャンルの曲が収録された中、
何故か、(一度聴いただけで)↓この曲を一番好きになりました。



【I'll never fall in love again/Dionne Warwick】


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「5の指」から弾き始めると...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この動画から...。



【ナオミの夢/Hedva & David】

↑この曲、本当、懐かしいですよね...。

本当に「誰もが弾いた」曲でした...。

「8ビート」を「左足」と「左手」で演奏する曲でした。

私の知る限り、「子供(小学生の間に)」習う曲で、
皆、「大人の曲を演奏して居る」と、
「満足感(?)」みたいな、
「高揚感」みたいな、
そんな物を感じながら演奏して居ました...。


この曲のメロディー、
一番最初の指使いを「3の指」からスタートすると、
すぐに「5度下の音」が出て来て、
この時、「3の指」から「1の指」でその「5度下の音」を演奏しなければならず、
それが「子供には負担が大き過ぎる」との理由から、
「5の指」から弾き始めなければいけなかった、
この様に記憶しております...。

でも、いきなりの「同音2音」なので、
子供の「5の指」では、
うっかりすると「同音連打」してしまうので、
ちょっと難易度の高い曲だったと記憶しております...。



さて...。

この曲の動画をYouTubeで探した時、
とても良い曲を見付けました。

それは、明日、御紹介させて頂きます。

それでは...。明日...。


{み}



(内容は変わりますが、明日へ続く...。)



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

本当に「誰もが」です...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

(昨日の続きです。)

「誰もが弾いた」と言う「繋がり」で、今日は、↓この曲です。

残念ながら、私には、
「何故、↓この曲を、こんなに皆が演奏したのか?」
「その理由」を知りません。

私の知る限り、
「テキストの中」(それも「誰もが習うテキスト」に)
↓この曲が収録されて居た記憶が有りません...。

そして...。

「何故、↓この曲が、エレクトーンを代表する曲になったのか?」
「その理由」も知りません。


でも、当時、
「エレクトーンを習ってる」とか、
「エレクトーンを弾ける。」と言うと、
「必ず」と言って良い程、
「じゃぁ、↓これ弾いて。」とか、
「じゃぁ、↓これ弾ける?」とか、
必ず訊かれました。

つまり、エレクトーンを
「習った事の無い方々」や、
「弾いた事の無い方々」でも、
何故か、
「エレクトーンを習うと」、
「エレクトーンが弾けると」、
↓この曲が「弾ける様になる」と思い込まれて居た、
それ位「エレクトーンを代表する有名な曲に」なってました...。

何故か...?

何故なのか...?



その後、「手品=マジック」のBGMで使われ、
「エレクトーンを代表する有名な曲」から
「手品=マジックのBGMで有名な曲」になりました。



と、前置きが長くなりました...。

失礼しました...。

それでは...。

↓この曲を...。



【オリーブの首飾り/ポール・モーリア】





この曲、「数名=数台」のエレクトーンで、
「完コピ状態」でアンサンブルすると、
「超カッコイイ!」です...。

ちょっと大変かのしれませんが、
「各それぞれのパート」を1つずつ「耳コピー」して行き、
最終的にそれを「数名=数台」のエレクトーンに「振り分ける」と、
如何にこの曲の「オーケストレーション」が素晴らしいかに
気が付きます。

クラッシックの楽曲の「オーケストレーション」と、
「似て非なる物」なので、
良い勉強になると思います...。

おススメです。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「Dschinghis Khan」...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日の、↓これらの曲を、
「懐かしい...。」と言ってしまうのは、
「食べ物のレポート」で「美味しい!」と言う事と同じで、
ボキャブラリー不足(=表現能力の欠如)を露見する様な物...。


でも...。


↓この曲に限らず、
又、↓このグループ「Dschinghis Khan」に限らず、
「ディスコソング」、それも「初期のディスコソング」は、
「懐かしい」と言う言葉が「ピッタリ過ぎて」、
それ以上の言葉が出て来ません...。



【Dschinghis Khan/Dschinghis Khan】


同じ「Dschinghis Khan」で、この曲も...。↓



【Moskau/Dschinghis Khan】


そして、「Dschinghis Khan」で忘れてならない↓この曲も...。



【Hadschi Halef Omar/Dschinghis Khan】



恐らく、↑この時代に「生きて」居なかった方々には、
この「初期のディスコソング」は、
・古臭い
・ダサい
「ノリ」だと思います。

特に、ここ数年の「正しいノリ」の音楽しか知らない世代の方々には、
↑これらの曲の「微妙なズレ」が、
「ある種異様に」感じてしまい、
「リズム感が悪い」とさえ思ってしまうのかもしれません...。

しかし...。

しかし...。

しかし。

今の時代に関わらず、以前からずっと、
「リズムのノリ」に関しての「質問や相談」の場合、
例えば、
「16Beat」をきちんと弾きたければ、
まず「8Beat」をきちんと弾ける様にする事。
と、アドバイスさせて頂いております。

何故なら、
「リズムの変化・変貌」を経験した世代だからこそ演奏出来る
「リズムのノリ」が有ると思うからです...。

更に、「エレクトーンで」言えば、
↑これらの曲の時代、
・「DISCO」と言う内蔵のリズムが、無い。
・こう言う「八分音符で4っつ」刻む「ABC(オートベースコード)」は、
 「SWING」でしか得られない。
 (従って、「自分で」演奏するしか方法が無い)
時代で、
皆、頑張って(と言うか「当たり前」として)
「左足だけ」で、このベースパターンを演奏して居ました...。


↑これらの曲、どの曲も、「裏ノリ・裏打ちのベース」が
要所要所に入っており、
それを入れないと、「ただの八分音符4っつのベース」、
でも、それを入れると、
(当時は)「最新のノリのベース=16ビート誕生「直前」の時代」
となり、
つまり、このベースを「完コピ」し、
「自分の足だけで演奏してみる」のは、
その後に「ずっと続いて居る16ビート系のノリ」の
「基礎になる=演奏力向上に繋がる」ので「必須」かと思う訳で...。



と...。



「昔話」で「能書き」を垂れるのは、
年を取った証拠...。

今日は、これにて...。


{み}



(話を広げて、更に、明日へ続く...。)



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

自分で撮影した画像です...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]


この記事を書かせて頂いたのは「2014年8月27日(水)」です。
それ以来、多くの方に御覧頂いております。
その中で、
私の撮影したこの【FX-20】の画像を
勝手に無断使用した方がおり非常に迷惑しております。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。

どうぞ宜しくお願い致します。(2016年12月21日(水)記入){み}




最近、ネットで【FX-20】の画像を「検索」なさった方が、
私のこのブログにお越し頂いた事を知りました。

「そう言えば...。」
と、私自身、このブログに【FX-20】の画像は、
何をアップして有ったのか、調べてみると、
意外な事に、1枚のみ...。

更に、この記事で書かせて頂く様な「内容」は、皆無で...。


と言う訳で、↓ここに一挙に...。

まずは、↓この画像から...。

FX-20-01.jpg


まず「鍵盤の全体像」です。


やはり「ソロ鍵盤」が、大きな特徴の楽器でした。

「ソロ鍵盤」は、この後のモデルから無くなりました。
「「LEAD VOICE」が「ソロ鍵盤」の代わりになるから。」
と言うのが「その理由」でした。

しかし、私は、「そうでは無い」と思って居ます、今でも。

何故なら、
「UPPER鍵盤」を弾きながら「ソロ鍵盤」も一緒に演奏する奏法は、
エレクトーンならではの「演奏方法」だと思うからです。

と、あまりここで、↑この事触れ過ぎると、
長くなり過ぎるので、先に進みます。



さて...。

この【FX-20】や【FX-1】、
そして、同じ【F型】の【FS-70】、
そして、それを「ステージモデル」にした【FX-3】、
これらの「ソロ鍵盤」は、
それまでの【GX-1】や【EX-1】の「ソロ鍵盤」と、
少し違いました。

「SOLO to UPPER」、つまり、「UPPER鍵盤」に、
「ソロ鍵盤」で選択した音色を「落として」使った時の、
「ソロ鍵盤」の音色の「在(あ)り方」が違いました。
(↑こう言う風に使用する事を「「落として」使う」と言いました。)


例1.)
・「SOLO to UPPER」した状態で、上鍵盤で「ド」を弾く。
・上鍵盤の「ド」はそのままで、「ソロ鍵盤」で「ミ」を弾く。
・その「ソロ鍵盤」の「ミ」を離す。

【GX-1】【EX-1】の場合。
・上鍵盤の「ド」に「ソロ鍵盤」で選択した音色が鳴る。

【FX-1】【FX-20】の場合。
・上鍵盤の「ド」には、「ソロ鍵盤」で選択した音色が鳴らない。


何故、↑この様な違いになったのか「定か」では有りませんが、
「私にとっては」、その「違い」は大きかったです。

と言うのも...。↓


例2.)
・「ソロ鍵盤」に「TRUMPET」を選択。
・「SLIDE」を「それなりに」掛けておく。

↑この状態で「例1.)」の「ド」と「ミ」を、
細かい音符(16分音符以上の細かさ)で演奏する。
(「トリル」や「トレモロ」の様に)

【GX-1】【EX-1】の場合。
・「例1.)」の状態なので、「TRUMPET」の「トレモロ奏法」になる。

【FX-1】【FX-20】の場合。
・「例1.)」の状態なので、「TRUMPET」の「トレモロ奏法」にはならない。
(一番最初の「ド」「ミ」のみ「SLIDE」が掛かるが、
 その後は、「ミ」のみが発音する状態になる。
 当然、その「ミ」は「SLIDE」が掛からない。)



↑この「奏法」を見付けたのは、
絶対に「私だけ」では無かったと思いますが、
当時、「この違い」を「正式に」指摘したのは、
何故か「私だけ」でした...。

何故か...。



次の【FX-20】の画像です。↓

FX-20-02.jpg


これ、「通称」で「引き出し」と呼ばれてました。

別に、わざわざ(「通称」で)「引き出し」と付けなくても、
「引き出し状態」=「引き出して使用する状態」なので、
「引き出し」に違い無いのですが、
この【FX-20】【FX-1】の前のモデル、
それもずっと前から「引き出し」と呼んでました...。


でも、同じ「引き出し」でも、
少しずつ「その役割」は違いました。

それまでの【E-20】や【E-70】等は、
「小さい「つまみ」にされた状態」で、
「レジストをセットしておく」場所でしたが、
【FX-20】【FX-1】は、
・オルガン音色を作成し、それを「オルガンボタン」に記憶させる。
・「ユーザービブラート」を設定する。
 (「ビブラート」を掛けられる「U」「L」「LEAD」「SOLO」の全音色を
 「個々に」設定する事が可能。)
 (ただし「DELAY VIBRATO」は「LEAD」「SOLO」のみ設定可能。)
・リズムシーケンスプログラマー。
の「機能」を集めた状態の「引き出し」でした。


ちなみに...。


【GX-1】の「引き出し」は、
他のどのエレクトーンの「引き出し」とも異なり、
・「ピッチ(チューニング機能)」
・「ピッチ(デチューン機能)」
・「「U」「L」「P」音色の「フィート設定」」
でした...。



更に続けます。【FX-20】の画像です。↓

FX-20-03.jpg

FX-20-04.jpg

↑以前【GX-1】の画像を御紹介させて頂く時も書かせて頂きましたが、
これらの画像を見ると、
「ボタンが多過ぎて解り難そう」と思われそうですが、
実は「理路整然」と、
しかも「「使いたいボタン」が「使いたい場所に有る」」状態で並んで居ます...。

ですから、この【FX-20】【FX-1】「も」、
「演奏中に「ボタンに触れる=音色やリズム、そして機能を変える」事」が、
とてもやり易かったです。

【F型】のエレクトーンは、
「「ボタン」になったエレクトーン、その「元祖」」と言う呼ばれ方をしました。

この当時を御存知の方々は、
今でも、そんな印象、そしてそんな「語り方」をしていらっしゃいます。

この【F型】が発売になってすぐ、
「何故、エレクトーンは「ボタン」になったのか?」
「何故、エレクトーンを「ボタン」にしなければならなかったのか?」
と言うのを、御説明させて頂きました。

その説明を気に入った方々が「口コミ」で広げて頂き、
結果、何年も何年も、その御説明を続けせて頂く事になりました...。

そして...。

↑この「理由」をきちんと御理解頂いた上で、
【F型】の次の【HXシリーズ】【HSシリーズ】に移行して頂ければ、
「機能を理解する=慣れる」までの時間を「最短に」して頂けた様で、
とても嬉しかったです。

これは、長年の「講座・講演」の内容の1つですが、
モデルチェンジの際に、
「前の、そして「それ以前の」モデル」の、
「「変化」と「その理由」」をきちんと御理解して頂いて居る事は、
「とても重要」だと思います。
絶対に...。



今日のこの記事の最後に、↓こんな話を...。

【FX-20】は、【FX-1】と言う「ステージモデル」を
「家庭に置けるデザイン」そして「買えるモデル」と言う形にし、
登場しました。

↑この考え方は「初めて」で、
それまでの【GX-1】【EX-1】(それ以前の【EX-42】)は、
「そのエレクトーンをヤマハへ練習に行く」と言う時代でした。


その「練習」、つまり、その楽器は、
「誰でも出来る」訳では無く、
「EC(エレクトーンコンクール)」「EF(エレクトーンフェスティバル)」や
「JOC」の「それなりの大会」に選ばれなければ、
「練習する事」もさせて頂けませんでした...。

つまり、
【GX-1】【EX-1】【EX-42】を「弾く事」が「憧れ」になり、
それを「目標に」頑張ると言う考えが成り立って居ました...。

更に、その「練習の時間」を「好きに取れる(好きに予約出来る)」のは、
本当に「限られた方々」だけでしたので、
「自由に練習出来る様になる為に、もっと頑張って勉強する」必要が有りましたし、
それが「大きな目標」にもなって居ました...。


しかし...。

それが、この【FX-20】の登場に寄って、
「家庭で(家で)」「いつでも」練習出来る状態になりました...。


果たして...。

「↑こう言う状態になった事は、果たして「良かったのか?」「悪かったのか?」」、
当時、これを議論した事が何度か有りました。


しかし、議論をした所で、
既に「↑こう言う状態」になってしまった事は、
変わらず...。
又、変えられず...。

でも、「とても有意義な」議論だったと、今でも思います。


ちなみに...。

【FX-1】と【FX-20】は「完璧に(何もかも)同じ」では無かったので、
やはり、【FX-1】を演奏するのは、
「きちんと・それなりに」練習する必要が有りましたが...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生が
「ヤマハ(株)」
に所属して居た時、
「エレクトーンデモンストレーター人生30周年」を記念に開設した物です。

「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
私、宮内康生が独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

【Dancing Queen/ABBA】 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

(昨日の続きで、今日も「誰もが弾いた、あの日あの時...。」です。)

本当に、「誰もが」、↓この曲を弾いて居ました。

http://youtu.be/xFrGuyw1V8s
【Dancing Queen/ABBA】


残念ながら「映像埋め込み無効作品」ですので、
どうぞURLをクリックなさって御覧下さい。


そして...。

↓この曲は、今日の「誰もが弾いた、あの日あの時...。」と違い、
同じABBAの曲の中で、ずっと知名度が低いですが、
私自身、とても好きな曲なので、↓ここに...。



【Gracias Por La Musica/ABBA】

さて...。

↑今日の曲【Dancing Queen/ABBA】は、
本当に本当に本当に(と「本当に」が永遠に続く(笑))、
「誰もが」弾いてました...。

こんな有名な曲は、どんな曲の説明をさせて頂いても
「何を今更?」
になると思われますので、
もう、今日は、多くを語らず、これで...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。

http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

【The Hustle/Van McCoy】 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この動画から...。



【The Hustle/Van McCoy】

・衣装
・踊り方
に、「時代」を感じさせるのは否めないけれど、
でも「今」聴いて「も」楽しい...。

本当に、楽しい...。



この「マイカテゴリー=誰もが弾いた、あの日あの時...。」
で御紹介させて頂く「曲」は、
その当時、「プロ・アマ」問わず、
本当に多くの方がお弾きになった曲です。

当然、「その時の」エレクトーンデモンストレーターには「必須曲」で、
そう言う曲は、
もう「これが弾けなければ「お話にならない」」と言う感じで...。

ですから、文字通り「必至に」
・耳コピーをし。
・譜面を起(お)こし。
・練習をし。
・音色(レジスト)を考え。
更に、
・トーク(その曲の紹介に「何を話すか?」等)
を行い...。



この曲は、
「曲を、どうエレクトーン用にアレンジするか?」
の「勉強・素材」の「最適曲」の1つで...。

右手で、「ピッコロ」の音色で弾けば「それで終わり」の曲では無く、
(これは「Aメロ」。)
もう一つのメロディー「Bメロ」を、最初は、右手で弾き、
「リピート」で戻ってからは、
「ピッコロ」の「Aメロ」を右手で弾きながら、左手で「Bメロ」を弾く...。





と、書かせて頂きながら、
いつもながら、「文章だけで伝える事」の難しさ、
そして、上手く伝わるかどうかの心配...。





話を続けます...。


その「右手」と「左手」に、この曲のベース...。

「単純」だけど、弾きこなすのが大変で...。

このベースだけを、何度も何度も練習し...。

更に...。

右手で「Aメロ」を弾きながら、ベースを...。
左手で「Bメロ」を弾きながら、ベースを...。
と、それぞれ、練習し...。

当時のエレクトーンの、
ベースが「1オクターブ」しか無い機種のエレクトーンでは、
本当に大変で、
でも、だからこそ、「やりがい」が大きく...。



そんな「練習」を、絶対に「微塵にも」感じさせず、
「軽ぅ~く」、「涼しく」弾く事も、
この曲の「必須」で...。



ですから...。

実際に、この曲を弾き始めた時、
「おっ?」
と、その場に足を止めて聴いて下さったり、
(エレクトーンの周りに)足を運んで頂いたりした後、
その皆さん、「右手」や「左手」よりも、
断然「足の動き」を見ていらっしゃり...。


その「足への視線」を感じつつ演奏させて頂く中、
その「注目を浴びた足」から「無言で」、
「エレクトーンって、楽しいですよ!本当に!」
と、アピール、と言うか「訴える」...。

時代がどんなに変わっても、
「こう言う」のって、
絶対に変わらないと思います...。


{み}



(「曲」は変わりますが、「誰もが弾いた、あの日あの時...。」は、明日も続く...。)



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。

http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}


共通テーマ:趣味・カルチャー

理路整然と...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、まず、↓この画像から...。

131102.jpg

「御存知」、エレクトーン【GX-1】です。

こんなにボタンが有りますが、
これが本当、「実に良く考えられた配置・配列」で...。

ボタン群を見て居るだけで「目が回りそう」と言われそうですが、
これが、実は、「理路整然と」並んでおり...。



そして、それは、演奏中、「いかに」、「触り易く」「変え易く」並んで居るか...。
又、「演奏中=鍵盤に指を置いた状態」でも「変える事」を「想定」し、
「ボタンやつまみの大きさ」まで考えられており...。

ですから、演奏させて頂けば頂く程、
「なるほど!」
と、その「理路整然さ」に、「感動」すらしてしまう程で...。



「この色」も、単に「見掛け綺麗だから」等と言う理由では無く、
「それぞれ」きちんと「種類分け」されており...。



それは、「音色のボタン群」と「プリセットリズムのボタン」以外は、
・白=音程関係と「SPEED(エフェクトの掛かる速さ)」。
・黒=音量関係と「波形変更」と「ホワイトノイズ系関係」。
・緑=音質関係(ブリリアンス)
・黄=サスティン
・赤=レゾナンス
となっており...。


この「それぞれの色」は、
演奏中、「そのボタン」「そのタブレット」に手や指を伸ばし、
「瞬時に」変える時、
「ボタン群の中で目立たせる為の色」でも有り...。



この【GX-1】を弾かせて頂いて居た頃から、
もう30年近く経つのに、今でも、
全部の「ボタン」「タブレット」の「説明」が出来る程、
それぞれの、「役割・効果」、そして、その「音楽的意味」を
鮮明に覚えており...。










「最近の事なのに、すぐ忘れる様になって長いのにね...。」

ははは...。
ははは...。

あはあはあはは...。





(--;) 汗...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、先日書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。


http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}


共通テーマ:趣味・カルチャー

【Let's Groove/Earth wind and fire】 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

最近、良く耳にします、↓この曲を...。

やはり、テレビのCMで使われて居るからでしょうか?


http://youtu.be/_XOY7lsBVpo
【Let's Groove/Earth wind and fire】

残念ながら「映像埋め込み無効作品」ですので、
どうぞURLをクリックなさって御覧下さい。



↑この曲は【D-800】で良く演奏させて頂きました。

と...。

ここからは...。

「D-800って何?」と言う方達には申し訳無い内容ですが...。


Solo鍵盤の音色を「Bass(PEDAL)」に持って行く機能、
「SOLO TO PEDAL」を使い、
・ある音色に。
・あるEFFECTのSPEEDを「目一杯ゆっくり」にして掛ける。
と、↑この曲のイントロの「ボコーダー」そっくりになり...。


↑この音色で、↑この曲を演奏させて頂くと、
お客様からは勿論、その時々に呼んで(使って)下さった
楽器店の方や、そこで働くエレクトーン関係の方々から、
「あの音は、一体どうやって?」
と質問されました...。


懐かしい思い出です...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

【小さな靴屋さん】 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

その昔...。

↓この曲を、本当に、「誰もが」弾いて居ました...。


【THE LITTLE SHOEMAKER/Rosemary Clooney】


・軽快なリズム。
・覚え易いメロディー。
なので、聴いて居ても、弾いて居ても楽しい曲です。

ですので、当時、
発表会に「必ず」、この曲を演奏なさる方がいらっしゃいました。

(発表会で)この曲が演奏されると、
知らず知らずの内に「発表会会場の雰囲気が「なごむ」」感じになり、
とても良い雰囲気になったのを記憶しております...。



ここからは、私の「個人的な思い」ですが、
今の時代にも、↑この曲は十分「発表会」等で演奏して頂きたい曲ですが、
「生徒さんの演奏」よりも、むしろ、
「先生のアンサンブル曲=講師演奏」として演奏なさったら如何かと思います。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

エレクトーン【GX-1】...。 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

今日は、画像中心の内容です。
(このブログ始まって以来「初」の試みです。)


エレクトーン【GX-1】です。

121013-01..jpg

121013-02..jpg

121013-03..jpg

121013-04..jpg

121013-05..jpg

121013-06..jpg

このエレクトーン【GX-1】を弾く事が出来た事、
そして、その「時代を生きられた事」に...。

感謝...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

非常にマニアックなクイズ...。(その1-4) [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

(昨日の続きです。)

と言う訳で...。

【一昨日&昨日の答え】は、
↓この画像で...。

120717.jpg


【D-3R】です。

 

↓このイベントで、演奏させて頂く機会を頂き...。

「当時」演奏させて頂いた曲を弾いてみると...。

これが、驚く事に、ちゃんと覚えており...。


「三つ子の魂百まで」を...。

実感...。

そして...。

立証...。(笑)


{み}

 

エレクトーンシティ渋谷主催の↓このイベント、
まだ御予約頂ける状態です。

どうぞ御参加下さい。

===============-===============-===============

【エレクトーン「なんでも相談室」開設】の御案内


≪主催/開設場所≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷

≪相談担当講師≫
○ヤマハエレクトーンデモンストレーター宮内康生

≪お申し込み/お問い合わせ≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷
(営業時間10:15~18:30)
(休業は、「土日祝」と「エレクトーンシティ渋谷指定日」となります。)
 Tel. 03-3740-4700
 Fax. 03-3770-7897(専用申込書送付先)

http://jp.yamaha.com/events/electone_city_shibuya/

===============-===============-===============



共通テーマ:趣味・カルチャー

非常にマニアックなクイズ...。(その1-3) [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

(昨日の続きです。)

【昨日の答え】です。

昨日書かせて頂いた、
「PERCUSSION(パーカッション(=「打楽器」))」と言う機能が有り、
更にその中の「BUTTON(ボタン)」と言う機能も有り、
「その「ボタン」」の「4っつの白い棒」の有った機種は数々有れど...。

昨日「追加」させて頂いた画像の、
「エフェクト」の「タブレット」が、
・全部「黒色」。
・「8っつ」で「全部が横並び」。
となると、「その機種」は、たった1つになり...。


そう...。

その機種は...。


でも、ここで、更に「違う機能の画像」を加えて...。

120716.jpg


この、更に「違う機能の画像」を加えた事で、
「これが「どの機種か?」」を
・お解かりになる方。
・確信をお持ちになられた方。
も多い筈...。


この、更に「違う機能の画像」は、とても特徴が有り、
・リズムの「右端」に「バリエーションボタン(黒くて長いボタン)」が無い。
・音色が「グループ分け」されておらず「フィート順」に並んで居る。
 「グループ分け」されて居ると、
  「白いタブレット=フルート系」
 「赤いタブレット=金管楽器と木管楽器」
 「黄色いタブレット=ストリング系」
  と、「色毎に」並んで居ます...。
 この画像では、「色毎に」並んでおりませんので、
 「フィート順」だと解ります...。


と言う所で...。

【答え】は...。

明日...。
(↑ここまで来て、更に「引き伸ばし」...。(^^;) 汗...。)


今日はこの辺で...。


{み}

 

(更に、明日へ続く...。)

 

《追記》
一昨日から、しばらく、この内容が続いておりますが、
いよいよ明日で「完結」致します。{み}

 

エレクトーンシティ渋谷主催の↓このイベント、
まだ御予約頂ける状態です。

どうぞ御参加下さい。

===============-===============-===============

【エレクトーン「なんでも相談室」開設】の御案内


≪主催/開設場所≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷

≪相談担当講師≫
○ヤマハエレクトーンデモンストレーター宮内康生

≪お申し込み/お問い合わせ≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷
(営業時間10:15~18:30)
(休業は、「土日祝」と「エレクトーンシティ渋谷指定日」となります。)
 Tel. 03-3740-4700
 Fax. 03-3770-7897(専用申込書送付先)

http://jp.yamaha.com/events/electone_city_shibuya/

===============-===============-===============



共通テーマ:趣味・カルチャー

非常にマニアックなクイズ...。(その1-2) [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

(昨日の続きです。)

【昨日の答え】です。

「PERCUSSION(パーカッション(=「打楽器」))」と言う機能が有り、
更にその中に「BUTTON(ボタン)」と言う機能が有り、
「その「ボタン」」が、この「4っつの白い棒」でした...。

1つの「ボタン」に一つの打楽器音が設定されており...。

「良い楽器(良い機種)」になると、
「BUTTON 1」「BUTTON 2」と有り、
(【EX-42】だと「BUTTON 3」まで有りました。)
その「パーカッション(=打楽器)」音色も、
「豊富」に、そして「楽しく」...。


でも...。


どんなに種類が増えても、
「4っつの白い棒」は増えず、そのまま...。

ですから、昨日の画像で、
「PERCUSSION」の「BUTTON」だと解って頂いても、
それが「どの機種の物か?」は、
お解りにならなかった筈...。


そこで、今日は、
昨日の物(画像向かって左)に「違う機能の画像」を加えて...。

120715.jpg


この「違う機能の画像」を加えた事で、
・これが「どの機種か?」
お解かりになる方、どれ位いらっしゃるでしょうか?

【今日の答え】は...。


{み}

 

(更に、明日へ続く...。)

 

《追記》
昨日から、しばらく、この内容が続きます。{み}

 

エレクトーンシティ渋谷主催の↓このイベント、
まだ御予約頂ける状態です。

どうぞ御参加下さい。

===============-===============-===============

【エレクトーン「なんでも相談室」開設】の御案内


≪主催/開設場所≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷

≪相談担当講師≫
○ヤマハエレクトーンデモンストレーター宮内康生

≪お申し込み/お問い合わせ≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷
(営業時間10:15~18:30)
(休業は、「土日祝」と「エレクトーンシティ渋谷指定日」となります。)
 Tel. 03-3740-4700
 Fax. 03-3770-7897(専用申込書送付先)

http://jp.yamaha.com/events/electone_city_shibuya/

===============-===============-===============



共通テーマ:趣味・カルチャー

非常にマニアックなクイズ...。(その1-1) [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

まず、これを御覧頂いて...。

120714.jpg


「これが、何か?」
を、お解かりになる方、どれ位いらっしゃるでしょうか?

【今日の答え】は、明日...。


{み}

 

(明日へ続く...。)

 

《追記》
今日からしばらく、この内容が「続き」ます。{み}

 

エレクトーンシティ渋谷主催の↓このイベント、
まだ御予約頂ける状態です。

どうぞ御参加下さい。

===============-===============-===============

【エレクトーン「なんでも相談室」開設】の御案内


≪主催/開設場所≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷

≪相談担当講師≫
○ヤマハエレクトーンデモンストレーター宮内康生

≪お申し込み/お問い合わせ≫
○ヤマハエレクトーンシティ渋谷
(営業時間10:15~18:30)
(休業は、「土日祝」と「エレクトーンシティ渋谷指定日」となります。)
 Tel. 03-3740-4700
 Fax. 03-3770-7897(専用申込書送付先)

http://jp.yamaha.com/events/electone_city_shibuya/

===============-===============-===============



共通テーマ:趣味・カルチャー

【恋=Do!】 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

その事が「良い」とか「悪い」を言うつもりは全く有りませんが、
この曲を、【D-30】【D-60】【D-700 or D-800】
で演奏させて頂いた事を思い出すと、
エレクトーンの「時代の違い」を感じてしまいます。

 

【恋=Do!/田原俊彦】

今の様に「16Beat」が当たり前ではない「リズムボックス」は、
「8Beat」は「Samba」を「倍テンポにして鳴らす事」で、
「やっと」「16Beat」みたいな「雰囲気」に出来...。

それを「補う為」、「左手の刻み」「オブリ」「対旋律」等等等、
左足の「16分音符奏法」は、
「当たり前」で...。

 

そして、「最も大きな「今」との違い」は、
「その場所に在るエレクトーンを弾いて「見せる」」事が「必須」で、
「現行商品しか弾けません」では通用しなかった仕事でした。

【E-70】と【D-3R】を弾くとか...。
【GX-I】と【C-501】を弾くとか...。

一見「無茶苦茶」と思える様な組み合わせを「1ステージ内」でこなし...。

ですから、先述の、こんな「三種類のD型」で、
「その時の一番の流行曲」を演奏させて頂いた訳で...。

 

田原俊彦さんの曲は、この曲の他に、
「君に薔薇薔薇…という感じ」も、
「演奏難易度の高い曲」でした...。

ですから、これら2曲に比べると、
デビュー曲の「哀愁デート」「ハッとして! Good」「NINJIN娘」は、
「超・楽な演奏」でした...。


{み}

 

《追記》
以前、↓こんな内容を書かせて頂いております。
【御参照=入手困難CD...。[好き(7)曲/歌手]/2009-05-15記入分】

今日の内容と合わせて御覧頂けると嬉しいです。{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

【Love's Theme/Barry White】 [誰もが弾いた、あの日あの時...。]

当時、某航空会社のCMでも使われ...。

イントロが「離陸する」感じで...。
その後が「ゆったりとした上空飛行」の感じで...。

だから、今でも、「旅番組」の「飛行機のシーン」で使われたりします...。


http://www.youtube.com/watch?v=uPHmsEoLsL0
【Love's Theme/Barry White 】

残念ながら「映像埋め込み無効作品」ですので、
どうぞURLをクリックなさって御覧下さい。


↑このイントロの「9連符」が、ちょっと大変でしたが、
これを「きちんと演奏する」のが「必須」で...。


もう、今日は、多くを語らず、これで...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー
前の30件 | - 誰もが弾いた、あの日あの時...。 ブログトップ