指体操あれこれ:エレクトーンデモンストレーター宮内康生の独り言。:So-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択
指体操あれこれ ブログトップ

指体操...。Part3. [指体操あれこれ]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

今日は、「「指体操」あれこれ」の「三回目」です。

それでは...。


<1>
・両手を「パー」の状態にする。
 「小指」を折った時に「グー」を作る形で、
 「両手一緒に」親指から1本ずつ折って行く。
 「グー」になったら、今度は
 「小指」から1本ずつ広げて行く。
 最後には「パー」の状態に戻って居る。

と、これは簡単...。


それでは、↑これを「ほんの少し」、難しくしてみましょう。

 
<2>
・両手を「パー」の状態にする。
 右手の「親指」だけ折っておく。
 後は、<1>と同じ様な動きを行う。
 最後には、
 最初の状態=右手の「親指」だけ折った状態に戻る。

つまり、
右手の「人差し指」を折った時、
左手は「親指」を折ると言う形で
「1本ずつ」ずれる動きをする訳です。


そして、更に...。

<3>
・<2>の、最初に「右手の「親指」だけ折る」を、
 様々な形で行う。
 例えば、
 右手の「親指と人差し指」を折った状態で、
 とか、
 右手は「親指と人差し指」、左手は「親指」を折った状態で、
 とか、
 「初めに折っておく指」を色々と変える。



と、「指体操」を書かせて頂く時「も」そう思いますが、
「文章だけ」で、上手く伝えられたか、
とても心配です...。


そして...。

この「指体操」を行ったからと言って、
すぐに、指が良く動く様になると言う訳では有りません。

それに、もし、「痛いな」とか「無理だな」と思われた時は、
すぐにお止め頂きます様に、お願い致します。


{み}



《追記》
この「指体操」の「<1>と<2>」は、
「鑑賞教室=幼稚(保育)園と小中高校での演奏」の時に
必ず行わせて頂く内容です。

ただ「指の折り方」を御説明させて頂くのでは無く、
ちょっとした「トーク」を交えて、させて頂いております。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。

http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

指体操...。Part2. [指体操あれこれ]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

今日は、「「指体操」あれこれ」の「二回目」です。

それでは...。


<1>
・まず座って下さい。

<2> 
・「1・2・3・ハイ」の掛け声で、
 自分の「太腿」を、
 「「右手」=叩く&「左手」=擦る」動作を始める。
 この時、
 「叩く」手は「グー」の形、
 「摩る」手は「パー」の形にする。

この「<2>」は、最初、
「両手同時に始める」事が難しいので、
「「右手」=叩く」を先に始めておいて、
途中から、
「「左手」=擦る」動作を「加える」形でなさり、
慣れて来たら、
「両手同時に始める」事をなさってみて下さい。

 

↑この「<2>」には、「続き」が有ります。↓

 

<3>
・<2>の動き、
 「「右手」=叩く&「左手」=擦る」動作で、
 それぞれ、「「4回」叩くと摩る」をしたら、今度は、
 「「右手」=摩る&「左手」=叩く」に替える。
 そして、同様に、「「4回」叩くと摩る」をしたら、
 再び、元の、
 「4回」叩くと摩る」に戻す。

<4>
・<3>を繰り返す。

 

と、↑ここまでとは少し変えて...。

<5>
・「叩く」時「も」、手を「パー」にする。
 ↑今まで行って来たよりも「両手が同じ状態=パー」なので
 少しだけ簡単になると思いがちですが、
 実は、この方が、「間違え易い=片方の動きにつられ易い」ので、
 難易度が高くなります。

 

更に、こんな事も...。↓

 

<5>
・複数人で、
 「「Aさん」だけ「4回」」、
 「「Bさん」だけ「4回」」と、
 一人だけの動作を順番に行って行く。

<6>
・<5>を、
 一人づつ「「右手」=叩く&「左手」=擦る」の動作を
 「次の人は「逆にする」」方法にする。

これは、「三人以上の「奇数人数」が望ましいです。
何故なら、交互に「その逆&その逆」を進めて行く時、
「奇数人数」だと、次に自分の番が周って来た時、
さっき行った動作とは「逆に」なるので面白いです...。

 

 

さて...。

今日も、最後にこれを書かせて頂きます...。

この「動作」を行ったからと言って、
すぐにエレクトーンの演奏の時に役立つと言う訳では有りません。

それに、もし、「痛いな」とか「無理だな」と思われた時は、
すぐにお止め頂きます様に、お願い致します。

 

 

ところで...。

今日の↑「この動作」は、
どう考えても「指体操」と言う物では無く...。

「腕体操」?
いや、それもちょっと違う...。

 

 

ま、いっか...。(^^;) 汗...。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

指体操...。Part1. [指体操あれこれ]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

今日は、「指体操」について書かせて頂こうと思います。
そして、これから、「時々」、
「指体操」について書かせて頂こうと思っております...。


この「指体操」を行ったからと言って、
すぐに、指が良く動く様になると言う訳では有りません。

それに、もし、「痛いな」とか「無理だな」と思われた時は、
すぐにお止め頂きます様に、お願い致します。

それと...。

お読みになりながら、「すぐに」お試しになりたいと思います。

でも!

周りに人が居ない事を確認なさり、
「一人で」お試しになる事を「強く」お薦め致します。
(理由は、「《追記》」で...。)

それでは...。



<1.>
・右手で「グー」を作る。(親指は、「外に出す」形で。)

・親指から、「指番号=1・2・3・4・5」の順番で、
 1本だけ指を立てる。


<2.>
・右手で「パー」を作る。

・親指から、「指番号=1・2・3・4・5」の順番で、
 1本だけ残る様に、他の指を折る。


↑この<1.><2.>、「結果は」同じ状態になっても、
使う指の筋肉、と言うか、「各指への集中力」は、全く違います。


それでは、↑この<1.><2.>と「同じ考え方」で、↓これを。



<3.>
・机の上に、 「鍵盤の上に置く様な状態」で、右手の指を5本、付ける。

・親指から、「指番号=1・2・3・4・5」の順番で、
 1本だけ指を持ち上げる。
 この時、絶対に「他の4本」を、机から離さない様にする。


<4.>
・机の上に、 「鍵盤の上に置く様な状態」で、右手の指を5本、付ける。

・親指から、「指番号=1・2・3・4・5」の順番で、
 1本だけ残る様に、他の指を机から離す。
 この時、絶対に「残す1本」を、机から離さない様にする。



さて...。

「指体操」の「Part1.=一回目」に、
↑この内容を持って来たのには理由が有ります。

それは、
「鍵盤演奏」の時には、
決して「今演奏する指だけに意識を集中」するのでは無く、
「演奏して居ない、その他の指を「どうするか?」が重要」だと
気が付いて頂きたかったからです。


恐らく、
「<1.>」「<3.>」の方が大変で、
「<2.>」「<4.>」の方が楽だった筈...。


そして、「<4.>」は、
「他の指を机から離す」時、
「指だけ」を離そうとすると大変だけど、
「手首から肩までの腕」を「持ち上げようとする」と、
凄く簡単に出来る事に気が付かれた筈...。

これが、エレクトーンしかない機能の、
「アフタータッチ」の「正しい演奏方法」だと言う事、
是非覚えておいて下さい。

そう...。

「アフタータッチ」は、
「演奏して居る指」に「力を込める」のでは無く、
「演奏して居る指」以外を、「鍵盤から少し距離を持とうとする動き」で、
凄く簡単に、しかも、「指に負担を掛けずに」演奏出来てしまう訳で...。



「文章だけ」で、この状態を伝えられたか、
とても心配です...。


最後に、もう一度...。

この「指体操」を行ったからと言って、
すぐに、指が良く動く様になると言う訳では有りません。

それに、もし、「痛いな」とか「無理だな」と思われた時は、
すぐにお止め頂きます様に、お願い致します。


{み}



《追記》
冒頭の、
この「指体操」を行う時は、
「周りに人が居ない事を確認なさり、
「一人で」お試しになる事を「強く」お薦めした理由ですが...。

それは...。

<1.>と<2.>の「指体操」の「3の指」の時、
「絶対に「人に向かって」してはいけない指(手)の形」と同じになってしまうので...。

どうぞ、お気を付け下さい。{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー
指体操あれこれ ブログトップ