エレクトーンあるある:エレクトーンデモンストレーター宮内康生の独り言。:So-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択




エレクトーンあるある ブログトップ

【ひとりでエレクトーンあるある~6~】 [エレクトーンあるある]

久々に【ひとりでエレクトーンあるある】です。

今回は、「ある年代の方々」へ捧ぐ、
【ひとりでエレクトーンあるある】です。

どうぞごゆっくりお楽しみ下さい...。



・エレクトーンの「足鍵盤」が1オクターブしか無かった事を話すと
 驚かれる。


・エレクトーンの「蓋(ふた)」が「蛇腹(じゃばら)状態」で、
 譜面台は「別の場所に在った」と話すと
 驚かれる。


・エレクトーンに「鍵」が有り、弾かない時に鍵を掛けられた事を話すと
 驚かれる。


・エレクトーンが「木製」で「木目」だった事を話すと
 驚かれる。

 更に、中には、エレクトーン「軽量化」の為、
 エレクトーンの操作パネル等の部分は、
 「木」では無く
 「プラスチック(に「木目」の印刷)」だったと話すと
 驚かれる。


・その「木目」や「プラスチックに「木目」」に「白い塗装」をし、
 「白いエレクトーン」と呼んでいた事を話すと
 驚かれる。

 更に、「白いエレクトーン」を「アイボリー」と呼び、
 「木目」のエレクトーンと区別する為に、
 機種名の最後に「I」を付けた時代が有ったと話すと
 驚かれる。
 ↑
 例えば「【E-20】と【E-20I】」とか...。
 例えば「【EL-20】と【EL-20I】」とか...。 


・リズムが無い、
 つまり「リズムボックス」が無いエレクトーンが在った事を話すと
 驚かれる。


・エレクトーンに「リズムボックス」が搭載されると、
 「リズムボックス」の「搭載」がすぐに解る様に、
 機種名の最後に「R」を付けた時代が有った事を話すと
 驚かれる。
 ↑
 例えば「【D-3】と【D-3R】」とか...。
 例えば「【C-4】と【C-4R】」とか...。


・エレクトーンに
 「カセットデッキ」が搭載された時代が有ったと話すと、
 驚かれる。


・その「カセットデッキ」の搭載がすぐ解る様に、
 機種名の最後に「T」を付けた時代が有ったと話すと
 驚かれる。
 ↑
 例えば「【C-10】と【C-10T】」とか...。


・その「カセットデッキ」は、
 単に「エレクトーンの演奏の録音」だけが目的では無く、
 「オーケストラ」の演奏が入ったカセットテープが売り出され、
 「その演奏に合わせてエレクトーンを演奏すると、
  まるで「オーケストラと共演」している様で楽しいから」
 つまり、「楽しく練習する事「も」目的として搭載されたと話すと
 驚かれる。


・そのカセットデッキには、
 「テープの速度」を変更する「つまみ」が有った事、
 そして、「結構大きな幅でその速度を変更出来た事」を話すと
 驚かれる。

 更に、その理由が、
 「自分の演奏するピッチ(調)」に
 「そのオーケストラのピッチ(調)」を合わせる為だった事を話すと
 驚かれる。


・【C-200】【C-300】【C-400】と言う楽器の後に、
 【C-201】【C-301】【C-401】と言う楽器が在った事を話すと
 驚かれる。

 更に、これらのエレクトーンは、
 例えば【C-301】は「」「しーさんびゃくいち」が
 「正式な「呼び名」」だったのに、
 発売当初から、皆が「しーさんまるいち」と呼んで居たと話すと
 驚かれる。

 更に更に、↑この理由が、
 例えば「【C-300】1(台)」と「台」を省略し
 「しーさんびゃく いち」言うのが定着していた為、
 「【C-301】」を「しーさんびゃくいち」と言ってしまうと、
 「【C-300】1(台)」と勘違いしてしまいそうだったからと話すと
 驚かれる。



久々の【ひとりでエレクトーンあるある】...。
もう「出尽くした」感じなのに、
ちょっとした切っ掛けで、まだまだ思い出す事が有り...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}




=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

【ひとりでエレクトーンあるある~究極編~】 [エレクトーンあるある]

今日は、量は少ないけれど「究極編」として、
【ひとりでエレクトーンあるある】をお届けしたいと思います。



・エレクトーンの、
 「蓋の譜面台」と「楽器本体」との「隙間」に、
 何か落としてしまった事、有る。



以上です。(笑)


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

【ひとりでエレクトーンあるある~5~】 [エレクトーンあるある]

久々に、【ひとりでエレクトーンあるある】です...。
その「~5~」で、今回は「偶然編」です。


この【ひとりでエレクトーンあるある】は、
ずっと長い間「~4~」で止まってしまい、
「この数字で止まっているのは嫌だなぁ...。」
と思っておりました...。

でも、なかなか思い浮かぶ「事柄」が無く、
(つまり「数」が足りない状況が長く)
困っておりました...。

でも、「やっと」、「ネタ」が集まりましたので、今日、ここに...。



・偶然、エレクトーンを見掛けた時、
 咄嗟に「その機種」を言えなかった時(思い付かなかった時)、
 とても悔しい...。

 そして、その「蓋」が閉められた状態で、
 尚且つ、
 「蓋」どころか、そのエレクトーン自体、
 触る事が出来ない「状態・状況」や「雰囲気」だと、
 「蓋を開けて「何の機種か」確かめたい「衝動」を抑える」のに必死...。


・偶然、自分のレッスンの前の人の演奏が聴こえて来た時、
 その演奏は、どんな場合でも「自分よりも上手」に感じてしまい、
 レッスン前の緊張感に「拍車」...。
 
 その時、
 レッスン室のドアの窓から「中を見たい「衝動」を抑える」のに必死...。


・偶然、街中で、自分の弾ける曲を耳にしてしまった時、
 自分の意思に関係無く「自然に指が動いている事」、有る。

 しかし、その「動く指」は、メロディーの「右手」...。
 「左手」や、ましてや「左足」の場合は、
 「殆ど無い」...。
 と言うか、
 「まず無い」...。
 ↑
 ↑
 ↑
 ↑
 ↑
 こう書かせて頂きましたが、
 私(宮内康生)、電車で「吊り革に捕まった状態」で、
 いつの間にか、「右足」に重心を置き、
 「左足」を「それなりに」動かし(動かせる範囲の中で)、
 「エアエレクトーンベース」を弾いて(しまって)いる事、
 良く有ります...。
 (音楽や曲は「頭の中だけで鳴らして居る状態で」です。)
 ↑
 この動き、(電車内の私の)周りの方には、
 「何?」
 「何やってるの?」
 と「かなり」不思議がられる「動き」です...。
 凄~~~っく、恥ずかしいです...。



話を戻します...。



・偶然、街中でエレクトーンの演奏に「遭遇」した時、
 嬉しくて、時間を忘れて立ち止まってしまうが、
 そう言う場合、大抵、「その演奏時間の最後の曲」...。


・偶然、街中でエレクトーンの演奏に「遭遇」した時、
 嬉しくて、本当は立ち止まって聴きたいのに、
 どうしても立ち止まれない状況に有る。
 そう言う場合、大抵、「その演奏時間が始まったばかり」...。


・偶然、「習った事の有る曲集」を店舗の「売り場」等で見付けた時、
 「収録曲」だけで無く「その曲順」まで覚えているのに、
 何故か、手に取って中を見てしまった事、有る。


・偶然、「電子キーボード楽器」がテレビに映った時、
 一緒にそのテレビを観ていた人(エレクトーンを知らない人)から、
 「これ、エレクトーン?」と訊かれる事、有る。

 そして、それに対し「違うよ」と言うのが、
 少しだけ面倒...。

 ましてや、「違うよ」と言った事に対して、
 「えっ?エレクトーンだよぉ!」と反論され、
 「イラっ!」と感じた事、有る...。


・偶然、「エレクトーン」がテレビに映った時、
 一緒にそのテレビを観ていた人(エレクトーンを知らない人)から、
 「これ、エレクトーン?」と訊かれる事、有る。

 そして、それに対し「そうだよ」と言うのが、
 少しだけ面倒...。

 ましてや、「そうだよ」と言った事に対して、
 「持ってるエレクトーンと違う」と「機種の違い」を指摘され、
 「イラっ!」と感じた事、有る...。


・偶然、「エレクトーンの演奏」がテレビに映った時、
 一緒にそのテレビを観ていた人(エレクトーンを知らない人)から、
 「この曲、弾ける?」と訊かれる事、有る。

 そして、「弾けない」と言うのが悔しいので、
 ついつい「弾けるよ」と嘘を吐いてしまった事、有る...。

 又は、「弾ける」けれど「弾けるよ」と言うと、
 「弾いて」と言われそうで、
 ついつい「弾けない」と嘘を吐いてしまった事、有る...。


・それまで全く知らなかったのに、
 会話をする中、偶然、エレクトーンが弾ける事が解った時、
 その人への「親近感」は、急激に(急速に)アップする。


・偶然、エレクトーンを弾ける事が解ってしまった場合、
 (エレクトーンを知らない人から)
 「エレクトーンって、足も使うんだよね?」
 と言われる...。

 しかし、「あれ(足の事)、何をしてるの?」
 と訊かれる事、滅多に無い...。

 でも、たまに、↑こう「訊かれる事」が有り、
 (足の)説明を始めた途端、
 その質問者の表情が「冷めた物」に変わり、
 その質問自体「社交辞令」だった事に気が付く事、有る...。

 しかし「時、既に遅し」で、
 (足の)説明を「短時間で(又は、途中で)」切り上げられず、
 結果、「きちんと」説明してしまう事、有る...。





そして...。

今日の、最後の【ひとりでエレクトーンあるある】は、↓これです。





・偶然、このブログを見付け、
 それ以来(このブログの)ファンになった事、有る

 有る?

 無い?

 (^^;) 汗...。


それでは...。また...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

【ひとりでエレクトーンあるある~4~】 [エレクトーンあるある]

今日も【ひとりでエレクトーンあるある】です。


・エレクトーンを習って来た事を話す際、
 「聞き手」もエレクトーンを習った事が有る場合、
 「最初のエレクトーンの機種は何だったか?」
 と、
 「次に買い替えた機種のエレクトーン」や、
 「どう言う「買い替えの経路」で「今の」エレクトーンに至ったか?」
 の「話題」で盛り上がる。


・その「買い替えの「経路」」を話す時、
 「ここまでは「親に買って貰って」」、「ここからは「自分で買って」」と、
 「保護者の方に買って頂いたエレクトーン」と、
 「御自身で購入なさったエレクトーン」の「境(さかい=境界線)」
 を話す...。


・その話の中で、
 「普及中心機種」では無く、
 その「上下」のエレクトーンを所持した経験は、
 絶対に話したい内容。
 ↓
 <例.>
 【D-60】の時の【D-90】。
 【E-70】の時の【E-30】【E-50】。

 【C-301】の時の【C-401】。(【C-501】の時の【C-401】。)

 【FS-30】の時の【FS-20】【FS-50】。
 【FX-20】の時の【FX-10】

 【HS-5】【HS-8】の時の【HS-4】【HS-6】【HS-7】。

 【EL-90】の時の【EL-70】。
 ↑
 その「普及中心機種」と比較し、
 「何が」、「増えて」居たのか、
 「何が」、「無い」かは、
 「普及中心機種」しか知らない方々にとって、興味津々。

 そして、それを話せる事は、
 その人の「エレクトーン人生」での「宝」、「大きな財産」。
 


・「初めて発表会等「人前で」演奏した曲」から、
 「直近の「人前で」演奏した曲」まで、
 何かの記念になるから、忘れない内に書き出して覚えておこうと思う。

 しかし、実際に「これを」書き出した方は、とても少ない...。

 ましてや、「その時の衣装」も全部書き出した方は、もっと少ない...。


・「発表会」や「人前で」演奏する際、
 「演奏」そのものへの緊張よりも、
 「演奏前」や「演奏後」の「インタビュー」への緊張の方が大きかった事に、
 「後日」気が付く...。


・「発表会」や「人前で」演奏する日、
 一番多い「忘れ物(=自宅からの所持品)」は、
 「服飾関係品」では無く、
 「演奏で使う「記憶媒体」(=パック・フロッピー・スマメ・フラッシュメモリー)」。


・「発表会」や「人前で」演奏した日、
 一番多い「忘れ物(=実施会場に置き忘れ)」は、
 「服飾関係品」では無く、
 「演奏で使う「記憶媒体」(=パック・フロッピー・スマメ・フラッシュメモリー)」。


・「ある年代」の方々は、
 「エレクトーン」の事を「エレキトーン」と言われ、
 少し「イラっ...。」とした経験がある。


・「ある年代」の方々は、
 「月刊エレクトーン」の事を「マンスリー」と呼ぶ。


・「ある年代」の方々は、
 もし、「金銭的に余裕」が有り、「置く場所も確保」出来たとしたら、
 【D-2B】の中古を手に入れたいと「願望・切望・熱望」した経験が有る。


・「ある年代」の方々は、
 「先生が所持するエレクトーンと言えば【E-20】」と言う時代を
 経験して居る。


・「ある年代」の方々は、
 その昔、「テレビ番組」で「エレクトーンが」使われて居たのを、
 「オンタイム」で観て、知って居る。

 それは、
 「8時の空」...。

 それは、
 「パンチ de デート」...。

 それは、
 「ラブ・アタック」...。


・「人生で一番緊張した時」は、
 「受験」の時でも無く、
 「何かの資格を習得する為の試験の時」でも無く、
 又、「就職の「面接」の時」でも無く、
 更に、「自分自身の結婚式の時」でも無く、
 「発表会」や「人前で演奏」した日、その演奏時...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属して居た
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

【ひとりでエレクトーンあるある~3~】 [エレクトーンあるある]

久々に、【ひとりでエレクトーンあるある】です...。
その「~3~」で、今回は「靴編」です。


・新しく靴を買う時は、必ず、「左足」を試しに履く。


・その際、履いた後、立ったまま「トゥ&ヒール」をして、
 その靴を履いた時の「足首の動かし方」を必ず確かめる。


・新しく靴を買う時、
 その(靴屋の)店員さんが、試しに履く靴に「右足」を出して下さったのに、
 「すいません...。「左足」で試したいのですが...。」
 と言って、「左足」を出して貰う事が有る。

 その際、お手数をお掛けする「申し訳無い気持ち」と一緒に、
  「何故「左足」?」と思われる事が非常に気まずく感じられる...。

 その気まずさから、気を使って、
 「私、「左足」の方が少し大きいんですよね、変でしょ...。」
 と、吐かなくて良い嘘を吐く...。
 (何故か、「エレクトーンの演奏をするので」等、言えない。)

 更に更に、
 「こう言う嘘を言い慣れて居る自分に驚く...。」

 そして、これを何度も経験すると、
 「こう言う嘘を言い慣れて居る自分に驚かなくなった自分に驚く...。」


・「やっぱり、「エレクトーンの演奏用です。」とか、
  「エレクトーンを演奏するんです。」とか言わないとな...。」
 と思い、思い切って「左足」を出してくれる店員さんに言うと、
 「そうですか...。」
 と、「スルー」される場合も有るが、
 「えっ!エレクトーン弾けるんですか?良い御趣味ですね。」
 と、「プロ」には見られない事の方が「圧倒的に」多い...。

 これで「とても落ち込んだ経験」から、
 「やっぱり「「左足」の方が少し大きい」にしておこう...。」と、
 「エレクトーンに関して」は、言えなくなる...。



↑こんな思いをして購入した靴、なのに...。↓



・靴は、「左足」よりも、
 フットスイッチを使う「右足」に「問題有り」が多い。
  (フットスイッチに触れる部分が「滑る」、「当たって痛い」等...。)


・靴の「摩耗」は、「左足」よりも、「右足」の方が酷い...。
 (理由は、フットスイッチ...。)


・新しく購入した靴は、まず「自宅で」履いて演奏してみる。
 そして、
 「普段も靴を履いて練習する事」の「重要性・必要性」を感じる...。


・それを切っ掛けに、普段の練習でも靴を履いて練習をし始める。

 その靴は、いつもエレクトーンの所に置いて有るので、
 「来客」や「友人・知人」が家に来て、それを見付けると、
 「へぇ...。家でも靴履いて練習するんだ。」
 と言われ、驚かれる...。


・いつの間にか、「靴選び」は、
 「歩き易さ」よりも、
 「弾き易さ」を追求する様になる...。


・「靴で」演奏する事に慣れた女性が辿る「次のステップ」は、
 「ピンヒール系」か、
 「ブーツ系」か、
 大きく分かれる...。



そして...。



・「ピンヒール系」でも、
 「ブーツ系」でも、
 「履いた時のポイント」は「左足」では無く、
 「右足」に有る事に気付き、愕然とする...。
 (「ピンヒール」では「エクスプレッションペダル」から滑り落ち易い。)
 (「ブーツ」は、「エクスプレッションペダル」に「右足」を掛けた際、
  その「足首」を動かせる「角度」が極端に狭い」。)

 それから、靴屋さんで靴を選ぶ場合、
 「両足」で確かめなければいけない事となる...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

【ひとりでエレクトーンあるある~2~】 [エレクトーンあるある]

(昨日の続きです。)

【ひとりでエレクトーンあるある~2~様々な「進化」編】

・タブレットの時代、習い始めてまず知る「レジスト」は、
 「Fl'8を3」+「Fl'4を3」。


・そんな中、「Fl'8を2」にし、その「1」分を「St'8を1」とか「Br'8を1」とか、
 「グリグリの三段階」の「意味」を知る。


・更に、「Fl'8を2.5」にし、その「0.5」分を「St'8を0.5」とか「Br'8を0.5」とか、
 その「微妙さ」の面白さを知る。

 いつの間にか、「その違い」を聞き分けられる様になり、
 結果、音色に対しての「耳」の「基礎」が作られた事を感じる。


・タブレットの時代の「カプラー」を知る人は、演奏レベルがかなり高かった「証明」。
 (今で言う「倍音発生機能」で
  「Fl'8」だけで「Fl'16と'4」が発音した様な状態になった。)
 (【GX-I】等の「カプラー」は、「ある鍵盤を違う鍵盤で演奏可能」にする機能で、
  ここで言う「タブレット」のカプラーとは区別。)

 何故なら「カプラー」は、「上位機種(「E型」)」にしか無かったので。
 (当時「E型」の演奏を「許された」or「恵まれた環境下」の方は、
  「それなりの」演奏レベルの方。)


・レジストを作り直す事1時間...。
 ふと、「直す前」のレジストで弾いてみると、そちらの方が良い...。


・結果、その(1時間掛けた)レジストを消す、
 「この1時間は何だったんだろう...。」と思いつつ...。


・しかし、それが積み重なると
 「音作りのアイデア」になる事が解って居るので、
 「無駄になった時間」とは決して思わない...。


・更に、その時間が、実は一番楽しく、
 又、一番重要だと言う事も解って居る...。


・ヘッドホン使用でレジストを作ると、
 ヘッドホンを外した「その違い」に愕然とする。


・そこで、ヘッドホン使用時に「外した時を想定しつつ」レジストを作る。


・しかし、なかなか「その違い」が埋まらず、
 結果、「どんどん」高いヘッドホンに手を出す事になるが、
 どんなに高価なヘッドホンでも
 「その違い」を埋める事が出来ない事に気付く。


・今では(と言っても随分前から)、
 「三桁の値段(つまり100円台)」のヘッドホンでも「外した時」に
 納得出来るレジストが作れる様になる...。


・「左足進化」の経路。

 1=左足を見ながら「ド」と「ソ」のみ演奏可能。

 2=左足を見ながら全音域を演奏可能。

 3=大きく飛ぶフレーズ時のみ左足を見るだけで演奏可能。

 4=左足を見なくても演奏可能。


と、ここで「左足の演奏」に対して「かなりの自信」を持つが、
人の「トゥ&ヒール」の演奏を見て、その自信を一挙に失う...。


 5=「トゥ&ヒール」での演奏可能。


と、ここで「左足の演奏」を「制覇」した様に思うが、
すぐ「それ」が間違いだった事に気付く...。
(それは、靴を履いて左足を弾く事の「必要性」「必然性」。)


 6=「弾き易い靴」でのみ、演奏可能。

 7=どんな靴でも演奏可能。
   (ブーツ・幅広スニーカー・厚底・ヒールの有無等等、
   「靴」だったら何でも可能に。)


更に、


 8=素足/靴下の材質等にも全く影響を受けず演奏可能。
   (滑り易い or 難い・素材の厚さ等等。)


と、普通は、又は「一般的」には、
ここで「左足進化」が「終了 or 完了」する。

しかし中には...。↓


 9=スリッパでも「トゥ&ヒール」の演奏可能と言う
   「究極の進化」を遂げる人も少なくない...。
   (「音楽教室」での演奏の場合、「
    室内履きスリッパ着用での演奏テクニック」必須。)


{み}

 

(「内容は変わります」が、明日へ続く...。)

 

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属する「ヤマハ(株)」とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。


開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。


このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

【ひとりでエレクトーンあるある~1~】 [エレクトーンあるある]

残念ながら、Twitterに登録して無いので、
「本家本元」には参加出来ません...。

ですので、一人、「エレクトーンあるある」を、
ここに書いてみようと思います。

 

【ひとりでエレクトーンあるある~1~「M」ボタン編】

・レジスト作成中、
 「M」ボタンを押したつもりで「メモリー番号」を押し、
 結果、「作ったレジスト」を失ってしまう...。


・【FS-30】や【FS-30A】は、「M」ボタンを押す時、
 その隣の「1」のボタンも一緒に押してしまい、
 下記のパターンを経験する。

 1=「1」のデータが、新しいそのデータに変わってしまう

 2=「M」ボタンを押すより、一瞬「1」を押す方が早かったので、
   「1」のレジストが出て来てしまった後、
   それが、「1」にメモリー「し直される」状態になる。

 3=「M」ボタンが押されておらず、
   「1」のレジストが出て来てしまう...。


・レジスト作成中、
 「M」ボタンを押すよりも早く、
 「右シフトスイッチ」で「メモリー番号」を変えてしまい、
 結果、「作ったレジスト」を失ってしまう...。


・上記を、生徒さん用レジスト作成中、
 生徒さんが「「右シフトスイッチ」で~」をしてしまった際、
 やはり、笑顔を作るのが、ちょっとだけ大変...。


・本番演奏中、どうしても気になるレジストは、メモリーし直すが、
 そんな時、「フットスイッチ」が、
 「M」ボタンと同じ役目になる機能が欲しいと思う...。


・しかし、次の瞬間、
 それでは「フットスイッチの設定」自体をまず変えなければならず、
 演奏中、そんな暇が有れば、
 その分、「手で」「M」ボタンを押せば良いと思い、
 演奏中にも関わらず、一人「苦笑い」をする。


・しかも、そう思った事が今まで何度も有る事を思い出し、
 「苦笑い」が引きつる...。


・本番演奏中、同様の事で、
 「M」ボタンを押せるタイミングが有り、
 無事レジストを入れ直す事が出来ると、
 それを見て居たお客様から、「感嘆のささやきやため息」を頂く...。
 その「感嘆の~」は、演奏に対して頂戴する物よりも、
 ずっと大きく、演奏中にも関わらず、「落ち込む」...。


・しかし、「その昔=「引き出し」でレジストを変えた時代」の、 
 演奏中、引き出しを開けてレジストを変えた時の「感嘆の~」よりも
 ずっと小さいと思い、更に「落ち込む」...。


・更に、【HS-8】の「AWM-PACK」を演奏中に変えた時の「感嘆の~」よりも
 ずっとずっと小さいと思い、更に更に「落ち込む」...。


{み}

 

(明日へ続く...。)

 

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属する「ヤマハ(株)」とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。


開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。


このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー
エレクトーンあるある ブログトップ