仕事(4)伝えたい、この思い。:エレクトーンデモンストレーター宮内康生の独り言。:So-net blog
So-net無料ブログ作成
検索選択




仕事(4)伝えたい、この思い。 ブログトップ
前の30件 | -

「トレモロスピード」の注意点...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

ポピュラー系オルガンや、
ジャズ系オルガンの演奏で、
曲の途中に「トレモロ」の「ON / OFF」をする事は、
「絶対必要操作」だと思います。

「トレモロ」を、全く使わないで、
曲の「最後の最後」に「ON」にして(演奏を)終わる
「心憎(こころにく)い」奏法も有ります。

が、多くは「ON /OFF」を「曲中の要所要所で」行い、
「掛かり始め」「掛かり終わり」の
「独特の「音量」変化」が「絶対必要「効果」」だと思います。





「音量」と書きましたが、
「トレモロ」は、「音量の大胆変化」です。

もし、「嘘だ」とお思いになられるのなら、
「オルガンの音色」で、(例えば)「ドミソ」を演奏したままで、

右足のエクスプレッションペダルを、
<1.>
・大きな幅で。
・短時間で。
・(エクスプレッションペダルを)上げたり下げたりを繰り返す。


<2.>
・小刻みに。
・「それなりの時間」ずっと。
・(エクスプレッションペダルを)上げたり下げたりを繰り返す。

<3.>
・<1.><2・>の
 エクスプレッションペダルの「上下」の動きの
 「開始時「ゆっくり~徐々に速く」」
 「終了時「その速さ~徐々に遅く」」
 変化させる。

これらの事で「トレモロ」の様な状態になる事を御確認下さい。

つまり「トレモロ」は「音量の変化」なのです。
(それ以上でも、それ以下でも有りません。)



さて...。



この「トレモロ」ですが、
その「スピード」が、
残念ながら、無頓着な方、多いです...。

・「8ビート系/16ビート系」の曲の場合。
 演奏する「テンポ」に対し、
 「8分音符/16分音符/32分音符」に。

・「スィング系」の曲の場合。
 演奏する「テンポ」に対し、
 「4分音符/8分音符/16分音符」の
 「3連符/6連符」状態に。

それぞれ「合わせる」必要が有ります。

勿論、その「テンポ」に「微妙に」「極僅(ごくわず)か」、
ズレているのも「味が有ります」ので、
「(テンポに)合わせ過ぎ」に注意です。



ですが!

「テンポ」とズレている状態が、
「リズム(又は「アンサンブルの」リズム帯)と」
ズレてしまった演奏に聞こえてしまう場合が有る事を
きちんと解って頂ければと思います...。



「オルガンの演奏」と言うか、
「オルガン音色での曲」を1曲で良いから
レパートリーとして持っていると、
(つまり「暗譜」して「いつでも演奏出来る状態」にしておくと)
偶然「オルガンの有る場所」に出くわした時、
(それが例え「エレクトーン」で無くても)
「演奏する事」が出来、楽しいです...。


{み}



《追記》
上記の「エクスプレッションペダルで行う「トレモロ」」ですが、
この時、「オルガンの音色に「タッチビブラート」」を一緒に使うと、
更に「オルガンの「トレモロ」」になります。
(「タッチビブラート」=「押し込むと「深くなる」ビブラート」です。)

逆に言えば、
オルガンに「トレモロ」の機能がなくても、
・エクスプレッションペダル。
や、
・タッチビブラート
で「トレモロの「代用」」になると言う事です。

かつて、
「トレモロ」の機能の無いエレクトーンや、
「トレモロ」が「故障中」のエレクトーンで、
↑この奏法を行い、
「トレモロが無いのに」
「トレモロが使えない筈なのに」
と、驚かれた事、有ります...。{み}



≪お願い≫

↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。


↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】


どうぞお読み下さい。



{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、

無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}

=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

「強風・嵐」の音...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

ここの所、強風が吹く事が多い、ここ、千葉県某所です...。

「強風の「音」」を聞きながら、思い出したのが
「エレクトーンの内蔵音色の中に「強風」が有る事」、
そして、それがなかなか(どう言う訳か)御存知の方が少ない事...。


その音色は





と書かせて頂いた所で、申し訳無いのですが、
この先は、どうぞ私の講座やレッスンで...。



↑この先を書かせて頂かないのは、
(いつもお伝えしておりますが)
その音色の「奏法」は、
文章だけでなく、
きちんと「演奏しながら」御説明させて頂きたいからです。


どうぞ御了承下さい。





何故、いつも、「肝心な所」を書かせて頂かないのか?

それにはもう一つ理由が有り....。

それは、このブログの「注意書き」に書かせて頂いております。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

この違いこそ...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

その「60年代」に大ヒットした曲の
ドラム(リズムパターン)についてです。


「8ビート」です。

そして、この曲を聴くと、
「スネアドラム」は、
・2拍目
と、
・3拍目の「8分音符の後ろ」
で叩きたい(打ち込みたい)所ですが、
それよりも、
「普通の8ビート」の、
・2拍目
と、
・4拍目
で打つ方が、この曲の「大きな特徴」を出せます。

これが「1つ目のポイント」です。



そして、
「ギターの「カッティング」(リズム打ち)」も、
同様の感じですが、
それを(やはり同様に)
・2拍目
と、
・4拍目
にします。

でも!

それに対して、
・オルガンのバッキングのリズム打ち
・タンバリン
等は、
・2拍目
と、
・3拍目の「8分音符の後ろ」
にします。

これが「2つ目のポイント」です。



これで、
・3拍目の「8分音符の後ろ」

・4拍目
の2つが「食い違う」事で、
この曲独特の「良い」野暮ったさが生まれます...。


もし、この「食い違い」をしないで、
↑ここで取り上げたどの楽器も、皆、
・2拍目
と、
・3拍目の「8分音符の後ろ」
にしてしまうと、
何だか
・素直過ぎる(=順調に進み過ぎる)
・洗練されてしまった様な「きれいさ」しかない
様になってしまいます。

つまり、
これが、
「60年代」の「8ビート」の「ロックンロール感」に
「必須」な「ノリ」なのです。



え?

かえって解り難くなった?



ならば、実際に、↑この曲を演奏してみて下さい...。



え?

「何の曲だか解らない」ですか?



それは...。


{み}



《追記》
↑この曲は、「60年代」に大ヒットした曲です。
ですが、この時代(この年代)の「同様の」曲は、
他にも沢山沢山有ります。

ですので、この曲に限らず、
↑これが「大きな特徴」になります...。

ですから、その「他の沢山沢山の曲」でも、
是非、試して頂ければと思います。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

御出演の「部」の全ての方々へ...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

「発表会」や「演奏会・コンサート」のシーズンです。

以前にも書かせて頂きましたが、
携帯電話の普及で、
「演奏なさる方」の時間に合わせて実施会場に入られる、
御家族や御関係者の方が多くなってしまいました。

「演奏と演奏の合間」なら「会場への出入り自由」とされる事が多いですが、
でも、本当にそれで良いのか、是非考えて頂ければと思います。



演奏なさる方は、
会場からの拍手が何よりの御褒美、
そして今後の励みになります。

誰も皆、大きな拍手を頂きたいと思っています...。



御自分のお子さんや御家族には大きな拍手が欲しい、
でも、他のお子さんや御家族に対しては「聞かない=知らない」では、
余りに身勝手だと思いませんか?



せめて、御出演の「部」は、演奏順に関係なく、
最初から最後まで御着席になり、
御出演の全ての方々へ、大きな拍手を送ってあげて欲しいです。


拍手は、
「送ってあげる」から
「送って貰える」のです...。


どうぞ宜しくお願い致します。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

コード練習...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

1.)
●紙に、「自分の知っているコード」を書きます。

ex.
「C」とか。
「G7」とか。
「Am」とか。
「E7」とか。
「何かを見なくても左手と左足の演奏が出来るコード」を。



2)
●次に、これを、ランダムに書きます。
 コードの種類は「2種類」位で。

ex.
「C C C G7 G7 C G7 C」とか、
「C C C Am C C Am C」とか、
「E7 G7 E7 E7 E7 E7 G7 G7」と言う具合に、
「思い付くまま」に、
「好きな順番」で、
「繋げる個数=長さ」は、適当に。



3)
●これらを見ながら、左手と左足で演奏します。

ex.
「メトロノーム」に合わせて。
速さは、早過ぎず、遅過ぎず。
「何回か繰り返す」様にして。



この練習が「飽きない」様に、
上記「2.)」の「ランダムに書く」時、
「番号」を書いておくと良いと思います。

ex.
「1」=「C C C G7 G7 C G7 C」
「2」=「C C C Am C C Am C」
「3」=「E7 G7 E7 E7 E7 E7 G7 G7」
等...。

そして、
練習の時、
「今日は「1」「2」「3」の順番にしよう。」
とか、
「今日は「3」「1」「3」「2」「1」の順番にしよう。」
とか、
又は、
「今日は「2」から始めて、その後は演奏しながら決めよう。」
とか、
工夫すると楽しいと思います。



これらの練習を、毎日行う様にします。

「無理をせず」、
でも、
「根気良く」。






【応用編~その1~】
●「コード」の「押さえ方」を、
 「展開形」を入れる様にします。

ex.
「C」は「ソドミ」を「基本」とし、
「ドミソ」「ミソド」を「所々(ところどころ)」に入れる様にします。

その場合、
「C C C G7 G7 C G7 C」と書いた中の、どれか1つの「C」に、
「シール」とか、
「色で」とか、
解り易い「印(しるし)」をしておく様にします。

そして、
「繰り返して練習」する時に、
「偶数回目」では、「ミソド」とか、
「奇数回目」では、「ドミソ」とか、
「その日その日」、
「思い付くまま」に、
「好きな順番」で、
(心の中で)決めて練習します。

この時「絶対に書いてしまわない様に」します。
「練習しながら「瞬時に」それに対応する様にする事」が、
この練習のポイントです。

同様に、「C」以外のコードも、
「印」を入れておいても良いです。

でも、その「印」が、多くなり過ぎない様にしましょう。

「ずっと同じ中に「突然!」出て来る」方が、
「ハラハラ・ドキドキ」楽しい練習になります。





【応用編~2~】
●【応用編~1~】の「印」をした場所を、
 まだ覚えていないコードにする様にします。

これは、人に寄って様々だと思います。

人に寄って、「Cm」かもしれません。
人に寄って、「Dm7-5」かもしれません。
人に寄って、もっと簡単な、もっと難しい、コードかもしれません。

どんなコードでも構いません。
「自分が覚えたいコード」に入れ替える様にします。

でも、「一度に幾つものコード」にしないで、
「今日はこれ。」と、
「1つのコード」とか、
「「1回目は「このコード」次は「このコード」」とか、
「1つ1つのコード」を、丁寧にきちんと覚える様に、
練習した方が良いと思います。





このコードの練習の「ヒント」になればと思います。

ですから、どんどん御自身で工夫なさってみて下さい...。


{み}



《追記》
以前、私の講座で、
「コードの順番は、コード進行法に関係無くて良いのですか?」
と言う御質問を頂いた事が有ります。

確かに、コードには、沢山、
「このコードからこのコードには行ってはいけない。」
と言う「ルール」が有ります。

でも、この練習の一番の目的は、
「コードネーム(コード名)を見て、瞬時に、
 左手と左足がそのポジションに移動出来る様にする事」
です。

その「ルール」では絶対に行かない順番でコードを押さえる事も
この練習でして頂きたいです。

又、ずっと「左手と左足」と書かせて頂きましたが、
「右手(コード(和音))と左手(ベース)」にしたり、
「ギター等の練習」でも、是非、使って頂ければと思います...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

本当に、凄く勉強になります。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

(昨日の続きです。)

「ハープシコード」と言う「名前」は知られていても、
その「奥の深さ」は、あまり知られていない様な気がします...。

こんなに「繊細」なのに...。

例えば、
「押鍵」し続けて、「音色が自然に減少させる」か、
「打鍵~押鍵(ある一定時間)~離鍵」か、
この違いで、
「音の表情」が全く違います。

更に、
「打鍵時」に「弦」を引っ掛けた「爪」が「戻る時」、
・「弦」を「ミュート」させるか?
それとも、
・(再度)「爪」が「弦」を引っ掛け「極小さい音」を鳴らすか?
の違いも有り...。

↑これを、
「1つの」
「1回の」
打鍵で表現するのは、
とても繊細な演奏テクニックが必要で...。



と...。

素人の私が「文章だけで」説明するより...。

↓こんなに素晴らしい動画を見付けましたので、
御紹介させて頂きます。

↓「ハープシコード」の、
多くの特徴が、
そして、その多種多様な奏法を、
本当に解り易く御説明なさっています。

本当に、凄く勉強になります。



【Harpsichord 101 - How It Works】

そして...。

どうぞ、↓これらの動画も、是非...。

「ハープシコード」が、
「ピアノ」の「元祖」で有る事、
でも、
「やはり「ピアノ」とは全く違う楽器で有る事」
が良く解る、素晴らしい動画だと思います。



【From the Clavichord to the Modern Piano - Part 1 of 2】




【From the Clavichord to the Modern Piano - Part 2 of 2】


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

グリッサンドの「お手本」です...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

ネットで、世界中の
・ジャズオルガン
・電子オルガン
・電子キーボード
の演奏を簡単に聴く事が出来る様になって、
本当に幸せだと思います。

それも、
・その国
・そのメーカー
・そのジャンル
を代表する「有名オルガニスト」の方々の演奏が、
こんなに簡単に聴けるなんて、
本当に夢の様です...。

それは、決して「仕事として」と言うのでは無く、
純粋に「とても勉強になる」ので、
暇が有ると、あれこれ動画を探して聴かせて頂いております。



そんな中、↓この動画を見付けました。

初めて聴かせて頂いた時、
演奏全体も素晴らしいですが、
それにも増して
「なんて素晴らしい「グリッサンド」なんだろう。」
と、感動感激しました。

↓この動画の「グリッサンド」の
・豊富な種類
・タイミング
・「長さ=鍵盤を「どれ位使用するか?」
は、本当に素晴らしいです。


私の様に「古い人間」は、
「オルガンの「グリッサンド」」の「大切さ」と「難しさ」を、
徹底的に指導された年代なので、
随分前から、
「グリッサンドなんて「適当で良い」」とされてしまった風潮に
ずっと疑問を感じておりました...。


例えば...。


記譜では、
・ほんの「数音」
・「指1本」で
・「White Key Only(白鍵だけ)」や
 (又は「Black Key Only(黒鍵だけ)」の「指定」有り)
・「グリッサンドの「流れ」は「直線」」
の「グリッサンド」と書かれているのに、
・「全音域の鍵盤を使う」勢いで
・手のひら全部を使って
・白鍵黒鍵の違い等関係無く(手のひらがその両方を触った状態で)
・「グリッサンド」の「流れ」は、
  鍵盤の上で、手のひらが「波打つ」」様に
と、記譜とは「真逆の」グリッサンドを演奏されるのを
見たり聴いたりすると、複雑な気持ちになってしまいます...。



「細かい事」ですが、
でも、「「グリッサンド」も演奏の内」なのです。



と、説明(解説)が長くなりました...。すいません...。

それでは、↓ここに、動画を...。



【Tico Tico my Tribute to Klaus Wunderlich】

どうぞ、何度も聴いて頂き、
「グリッサンドの「お手本」」にして頂ければと思います。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

エレクトーン独自の「奏法」です...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

今年の六月に、こんな内容を書かせて頂きました。

【御参照=奏法、究極...。[仕事(4)伝えたい、この思い。]/2016-06-02記入分】
(↑ここをクリックすると、その六月の記事へ移動出来ます。)





この記事の時は、
「と、この先は、どうぞ私の講座やレッスンで...。」
とさせて頂いたのですが、
多くお問い合わせを頂きましたので、
今日、「この奏法について」書かせて頂きます



「LEAD VOICE」の「単音発音=モノフォニック」は、
↓こう言うとても便利な演奏方法を可能にしてくれます。



《奏法1.》
◎「例=ド~レ」と演奏する場合。
〇「ド」を打鍵したまま「レ」を打鍵すると、
 簡単に「スラー」や「テヌート」の奏法になります。



《奏法2.》
◎「例=レ~ド」と演奏する場合。
〇「レ」を打鍵したら、すぐ後に「ド」も打鍵しておく、
 その後、「レ」を離鍵すると、
 簡単に「スラー」や「テヌート」の奏法になります。
 ただし、
 この奏法が出来るのは、
 「LEAD VOICE」が「高音優先」の設定の場合のみ。
 もし、
 「LEAD VOICE」が「後着優先」の設定の場合は、
 上記「《奏法1.》」で演奏して下さい。



《奏法3.》
◎「例=ドレ」と「トリル」(トレモロ)演奏をする場合、
〇「ド」を打鍵したまま「レ」だけを連打すると、
 簡単に「トリル」(トレモロ)奏法になります。



《奏法4.》
◎「例=レド」と「トリル」(トレモロ)演奏をする場合、
〇「レ」を打鍵したまま「ド」を打鍵し、
 その後で「《奏法3.》」で演奏して下さい。
 ただし、
 この奏法が出来るのは、
 「LEAD VOICE」が「高音優先」の設定の場合のみ。
 もし、
 「LEAD VOICE」が「後着優先」の設定の場合は、
 上記「《奏法3.》」を「レド」で演奏して下さい。





以前「LEAD VOICE」が、
「CUSTOM VOICE」と言う名称だった頃から、
ずっと、講座やレッスン等で伝えている奏法なのですが、
何故か御存知の方が「多くない」です...。


これを機会に、どうぞ、どんどん広めて頂きたいです。
どうぞ宜しくお願い致します。


{み}



《追記》
エレクトーンの「SOLO鍵盤」の場合、同様の奏法が出来ます。

又、エレクトーンに限らず、
「モノフォニック」の演奏が出来る鍵盤楽器全般で、
同様の奏法が出来る「場合も」有ります。

「場合も」と言うのは、
その「モノフォニック」の考え方が、
エレクトーンとは異なる考え方の鍵盤楽器が在る事が理由です。

「打鍵したまま」の状態を「打鍵保持」とし、
その鍵盤を「離鍵」しない限り、
別の鍵盤楽器の音(つまり「次の音」)が発音しない鍵盤楽器では、
この奏法は、残念ながら出来ません...。{み}



《追追記》
エレクトーンの場合「PEDAL鍵盤」でも、
(「モノ・モード(=)モノフォニック」ならば)
↑これらと同じ奏法が「可能」です。

特に、「曲終わりの「盛り上げ」」で良く使われる
「ベースの「連打」」の場合は、
上記《奏法3.》で、簡単に演奏出来ます。

例えば、
◎「例=ド」と「1オクターブ上のド」を「連打」演奏をする場合、
〇「ド」を「左足」で打鍵したまま
 「1オクターブ上のド」だけを連打する訳です。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属する
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

「前に前に」進む演奏...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

今演奏(打鍵)している「その音」を味わいつつ、
気持ちは、常に、「その次の音」に移行している、
それが、「曲に「勢い」」を与え、結果「間延びしない演奏」になる。





「ド~レ~ミ~」と
「1~2~3~」の「運指(うんし)」で演奏(打鍵)する場合、
「ド」を「1の指」で演奏(打鍵)した「その瞬間」、
「次の音=レ」の「2の指」に意識を「移行」させ、
それを演奏(打鍵)する「準備」をしておく必要が有る。

そして、それは、例え、
「ド~レ~ミ~」が、
・全音符
でも、
・16分音符
でも、
又、どんなテンポで有っても、同じ...。



そして...。

それは...。



「次の音」だけで無く、
「次の拍(その全ての音)」、
「次の小節(その全ての音)」、
「次の(楽譜の)ページ」、
と、
「次を考えながら演奏する事」で、
自然に
「前に前に」進む演奏になる。
そして、
「1曲を「1つの流れ」で考える=捉(とら)える」事にも繋がる。





「1曲の中の「流れ」や「起承転結」を感じさせる演奏」は、
↑こんな事で、出来る様になるの「かも」しれません...。


{み}



《追記》
「プロの方」「アマチュアの方」問わず、
「同じ市販されている「曲集」の曲(つまり「同じ曲」)」で、
「同じ(市販されている)レジストレーション」を使用した演奏の場合、
「上手か」「そうでないか」を決定するのは、
「演奏その物」でしか有りません。

でもそれは、
「指」や「足」が「ノーミスで演奏出来るかどうか」
だけで決まるのでは無く、
↑ここで御紹介させて頂いた事が、
「大きなポイント=重要な事」になります。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

Coooool!! [仕事(4)伝えたい、この思い。]

Coooool!!



【Jazz Organ Solo - Gospel HooooT!】




【Blue Note (Farewell Saints) - JAZZ STANDARD 】




【Jazz - 'Ngizo Qula' ZULU (Southafrican Dialet)】


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====


共通テーマ:趣味・カルチャー

是非考えて頂ければと思います...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

【問題1.】
○「左足で「8分音符」がずっと続く曲を
 「発表会で」演奏した」場合です。
○その「8分音符」を「どう演奏するか」が、
 下記、10名の方で、それぞれ違うとします。


<Aさん>《自力編》
・「頑張って練習して」演奏出来る様にした。
 けれど、本番で間違ってしまった。
 その際、演奏を停めず、そのまま最後まで演奏し続けた。


<Bさん>《自力編》
・「頑張って練習して」演奏出来る様にした。
 けれど、本番で間違ってしまった。
 その際、演奏停め、「最初から弾き直し(やり直し)」をした。
 その演奏は「ノーミス」だった。


<Cさん>《自力でエレクトーン研究編》
・自分で「エレクトーンの機能を」覚え、研究し、
 「EFFECT(エフェクト)」の「DELAY(ディレイ)」を使えば、
 自分では「4分音符」を演奏するだけで、
 「8分音符で演奏した様な状態」で(音を)鳴らす事が出来る事を発見し、
 それを使用して演奏した。
 本番で上手く演奏出来た。
 その上、
 「ベース鍵盤」が、客席から見難い状態で、
 (誰も↑こう言う演奏をしたと気が付かず)
 「ベースで8分音符を、ノーミスで演奏出来る」と
 褒められたり、「高い評価」を得た。


<Dさん>《自力でエレクトーン研究編》
・自分で「エレクトーンの機能を」覚え、研究し、
 「あるリズムで」、
 「ABC(オートベースコード)」を使えば、
 自分では「全音符・2分音符・4分音符」のいずれかを演奏するだけで、
 「8分音符で演奏した様な状態」で(音を)鳴らす事が出来る事を発見し、
 それを使用して演奏した。
 本番で上手く演奏出来た。
 その上、
 「ベース鍵盤」が、客席から見難い状態で、
 (誰も↑こう言う演奏をしたと気が付かず)
 「ベースで8分音符を、ノーミスで演奏出来る」と
 褒められたり、「高い評価」を得た。


<Eさん>《自力でDTM研究編~ベース演奏有り》
・自分で「DTM(打ち込み音楽)を」覚え、研究し、
 自分では「4分音符」を演奏するだけで、
 「8分音符で演奏した様な状態」で(音を)鳴らす事が出来る事を発見し、
 それを使用して演奏した。
 本番で上手く演奏出来た。
 その上、
 「ベース鍵盤」が、客席から見難い状態で、
 (誰も↑こう言う演奏をしたと気が付かず)
 「ベースで8分音符を、ノーミスで演奏出来る」と
 褒められたり、「高い評価」を得た。


<Fさん>《自力でDTM研究編~ベース演奏無し》
・自分で「DTM(打ち込み音楽)を」覚え、研究し、
 自分では「ベースを全く演奏しなくても」
 「8分音符で演奏した様な状態」で(音を)鳴らす事が出来る事を発見し、
 それを使用して演奏した。
 本番で上手く演奏出来た。
 その上、
 「ベース鍵盤」が、客席から見難い状態で、
 (誰も↑こう言う演奏をしたと気が付かず)
 「ベースで8分音符を、ノーミスで演奏出来る」と
 褒められたり、「高い評価」を得た。



以下
<Gさん>(=<Cさん>と同じ状態)
<Hさん>(=<Dさん>と同じ状態)
<Iさん>(=<Eさん>と同じ状態)
<Jさん>(=<Fさん>と同じ状態)
は、「そのレジストやデータを、自分で作らない状態」、
つまり、
「市販されている」
「習っていらっしゃる先生が作って下さった」
「友人・知人等の方が作って下さった」
状態で、「同様の演奏結果を得られた」とします。


さて、
「<Aさん>」~「<Jさん>」までの10名で、
一番「評価されるべき人」は誰でしょうか?



【問題2.】
「【問題1.】」と同じ状態で、
演奏は「発表会」では無く、
「グレード試験での演奏」とします。

そして、上記の「客席から」は、
「グレード試験官の方々から」に変更したとします。

さて、
「<Aさん>」~「<Jさん>」までの10名で、
一番「評価されるべき人」は誰でしょうか?



【問題3.】
「【問題1.】」と同じ状態で、
演奏は「発表会」では無く、
「EC等の「順位が付けられる場所」での演奏」とします。

そして、上記の「客席から」は、
「審査員の方々から」に変更したとします。

さて、
「<Aさん>」~「<Jさん>」までの10名で、
一番「評価されるべき人」は誰でしょうか?



もし良かったら、御自身で考えるだけで無く、
是非、多くの方々一緒に、↑これについて話し合い、
考えて頂ければと思います...。


{み}



《追記》
もし「<Aさん>」が「ノーミス」で演奏出来たとします。
でも、その演奏は、
誰にも「<Aさん>」以外の方達との「差・違い」が
解らなかったとします。

つまり、
「一生懸命」演奏した事や「努力をした事」が、
全く「解らなかった(伝わらなかった)」とします。

これは、
「無意味な事=評価に値(あたい)しない事」なのでしょうか?

更に、
「<Cさん>」と「<Dさん>」の、
「自力でエレクトーン研究した事」は、
「無意味な事=評価に値(あたい)しない事」なのでしょうか?

例えば「<Dさん>」の、
「「あるリズムで」、「ABC(オートベースコード)」」ですが、
「一種類のリズム」だけで無く、
例えば、
「奇数小節」での「リズム」、
「偶数小節」での「リズム」、
をそれぞれ考え、工夫し、
その「アクセント・ノリ・躍動感・もたり感」を変化させたとします。

これって、
そして、それでも、
「ABC(オートベースコード)」を使用した事は
「手抜きの演奏=評価に値(あたい)しない事」なのでしょうか?{み}



《追追記》
↑これを、「演奏」では無く、
「レジストレーションメモリー番号の変更」、
「エクスプレッションペダル=音量の変化」、
等、
色々な事でも考えて頂ければと思います。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====

このブログは、
私、宮内康生の所属していた
「ヤマハ(株)」「(株)ヤマハミュージックジャパン」
とは一切関係無く、
独自に管理運営して居る物です。

開設当初から、「nice!/コメント/トラックバック」等の受付は、
無い方向で管理運営させて頂いております...。
申し訳ございませんが、
何卒、御了承下さいます様、お願い申し上げます。

このブログの「画像を含む全ての内容」の、
無断転記や複写をお断り申し上げます。 {み}


=====-=====-=====-=====-=====-=====-=====



共通テーマ:趣味・カルチャー

「オルガン」として使う以外に...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

いつもの事ですが、
「文章だけで伝える事」は、正しく伝わるか不安なので、
「簡単な文章で」書かせて頂きます。



まず、
「ORGAN FLUTE」の「8'」の、
「EFFECT」(ROTARY SPEAKER等)を「OFF」に設定する。

↑これ、「万能アタック音」として使用出来ます。



「VOICE EDIT」で、
例えば「HORN 1」を「EDIT」したとします。

でも、「ATTACK=音(おと)の立ち上がり音(おん)」は、
どんなに頑張っても、元の「HORN 1」よりも強くなりません。


この「HORN 1」に、
・コツコツ音
と言うか、
・プワプワ音
と言うか、
「↑そう言う音」が欲しいけど、
「VOICE EDIT」では、それが出来ません。



でも、↑この「万能アタック音」を使えば良く...。。



「ORGAN FLUTE」も(他の「音色ボタン群」と同様に)、
「Vol.」が「0~24」段階でセット出来ます。
そして、
「ORGAN FLUTE」の「それぞれのフィート」も
「0~8」段階でセット出来ます。

例えば、
「Vol.」は「2」で「FLUTE 8'」を「1」にするか、
それとも、
「Vol.」は「1」で「FLUTE 8'」を「2」にするか、
と言う、物凄く「細かい設定=音色へのこだわり」で、
この「万能アタック音」を足す事が出来る訳です。


この「万能アタック音」の足し加減で、
「はっきり・くっきり」とした音の「立ち上がり」にも、
逆に、
「微妙な」「立ち上がり音」にも設定出来ます。

又、これは、
「VOICE EDIT」で「ATTACK」を設定するより、
簡単に、しかも短時間で設定出来、
しかも、細かいこだわりが「音色に反映」されます。

「これぞ、エレクトーン」、
「これこそが、エレクトーン」、
です...。



「サンプリング」が音源の「主流」になった今、
「VOICE EDIT」に限らず、
「サンプリング」した音色の
「元の「音の立ち上がり」」よりも
「「強い=速い」「ATTACK音」」を足すのは、
とても難しく、複雑な事が必要です。

でも、エレクトーンは、
「エレクトーンの「基本的考え方」」は、
「ある音色(既存の音色)」と「ある音色(既存の音色)」を「足して」、
「音色を作って行く」事なので、
こんな風に、ずっと、簡単に、短時間に設定が出来る様にしてある訳です...。





と、ここまでお読みになり、
「これは良い事を知った!」
と思って頂ければ嬉しいです。

が...。

↑これには、「更に」、
「音色作りに「こだわれる」事」が沢山有ります。

この先は、どうぞ私の講座やレッスンで...。


{み}



《追記》
「蛇足」ながら、
「足したい音色」の「フィート」に合わせて、
例えば、
「PICCOLO」なら「4'」の、
「TROMBONE」の「16'」ならば、「16'」の、
それぞれ「ORGAN FLUTE」を使用して下さい...。{み}



《追追記》
「ORGAN FLUTE」が使えるのは、
「STAGEA」ならば「C(カスタム)」からで、
そして、それ以前の場合も、
いわゆる「上級機種」からです...。

つまり、↑「こんな」(又は「ここまで」)音色への「こだわり」を、
「持ちたい」「持つべきだ」と
考えられる(感じられる)様になったと言う事は、
それだけ「御自身の「音楽的「力・レベル・能力・」」」も
「上級」になったと言う「証し」だと思います。

エレクトーンが「ボタン」になった【F型=FX/FS】から、
「音色がプリセット=もう既に作られた状態」になりました。

この「プリセット音色」に対し、
「これで良い」と思い「何もしない」か、
「これに対し「創意工夫する」」かでは、
演奏される曲の「出来上がり」が、全く違う、
私はそう思いますし、それを、ずっとずっと、長年伝えて来ました。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

凄く、違う...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

以前から何度か書かせて頂いておりますが、
このブログには、沢山の、
「演奏に関する「お悩み・御質問」」の「答え」を求めて、
(その「検索ワード」で)
お越しになる方が多いです...。

どうも有り難うございます...。


そこで、今日(6月20日(月))は、
↓こんな内容です。

「何かの「ヒント」に」なれば、嬉しいです...。



「上手な」演奏と、
「「上手な演奏に「見える・聞こえる」様に」演奏するのは、
全然違う。

「丁寧な」演奏と、
「「丁寧な演奏に「見える・聞こえる」様に」演奏するのは、
全然違う。





この表現(文章)では、ちょっと分かり難いかも...。


では、↓こう言う例えでは、どうだろう...。





「本当に美味しい」時の「表情・行動・声」と、
「「本当は不味い」のに、
 「「本当に美味しい」と「見える」様に」した「表情・行動・声」は、
全く違う...。





「本当に楽しい」時に思わず「飛び跳ねた」時と、
「「本当は楽しくない」のに、
 「「本当に楽しそう」に「見える」様に」「飛び跳ねた」時とは、
全く違う...。





だから...。

「何も考えず「曲に没頭して」練習した「1回」」と、
「どうやったら
 「上手に見える」か?」
 「格好良く見える」か?」
 「丁寧な演奏に聞こえる」か?」
 「一生懸命演奏している様に「見える・聞こえる」か?」
と「考え」「行動」しながら練習した「3回」とでは、
前者の「1回」の方が、ずっと良く、実りが有る...。





「自然に「上手に」演奏をした人」と、
「「上手に」「見える・聞こえる」様に演奏した人」とでは、
全然違う...。

凄く、違う...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

奏法、究極...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

エレクトーンの「LEAD VOICE」には、
1.)=高音優先。
2.)=後着優先。
の「2つ」、設定が可能です。

これら「2つ」の「奏法」は、全く違います。


しかし残念ながら、多くの(本当に多くの)方々が、
この、これら「2つ」の設定方法を御存知無く、
従って、その「奏法」の違いも御存知無く、
単に「1.)高音優先。」だけしか認識されていないのが現状です...。



「スラー」
「テヌート」
は勿論、
「スライド」
「2nd PEDAL」
を使用した場合も、
これら「2つ」の「奏法」の違いをきちんと認識して頂き、
「弾きこなす」事に寄って、
より「深い音楽表現」を可能にしてくれるのに、
「浸透」「認識」されていないので、本当に残念です...。





と、ここから先は、どうぞ私の講座やレッスンで...。


{み}



《追記》
この「奏法」については、
「LEAD VOICE」が「CUSTOM VOICE」と言う名称だった頃から
ずっと伝えて来た事です。

これは、
【GX-1】は勿論、
【EX-1】
【D-800】
【FX-1】(【FX-20】)
【FX-3】(【FS-70】)
等、「SOLO鍵盤」の搭載されたエレクトーンの
「奏法」にも通用する事でした。

これは、決して難しい「奏法」では無く、
むしろ、「難しい音楽表現も「楽に」出来様になる」」のに、
いまだ、御存知無い方々が多く、残念に思っております...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「リズム」を考えると...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

エレクトーンに搭載された「音色」もそうですが、
それよりもずっと、搭載された「リズム」や「その機能」程、
その時代その時代を「繁栄させた物」は無いと思います。



○「リズム」が初めて「搭載」された時代。



○「リズム」に「バリエーション」が付いた時代。



○「リズム」に「フィル・イン」が付いた時代。



○その「フィル・イン」を
 「フットスイッチで」入れる事が可能になった時代。



○「リズム・シーケンサー」が搭載された時代。
 でも、それはまだ「1曲丸々の小節数」には、到底及ばない時代。



○↑それが「1曲丸々の小節数」で「も」、可能になった時代。



○↑それが「1曲丸々の小節数」が「余裕で」可能になった時代。



↑これらの時代の間に...。



○「エクストラ(エキストラ)パーカッション」と言う機能が搭載された時代。
 「バリエーション」の様に「大きな変化」はさせず、
 「1~数個」、そのリズムパターンに「別の打楽器」が加わる機能。



○「リズム」を自分で作る事が可能になった時代。



○「リズム」で使用する「打楽器」の
 「音量」「リバーブ」「パン」の設定が可能になった時代。



○↑これらの他に、
 「打楽器の「チューニング」」の設定も可能になった時代。



更に...。



○「キーボード・パーカッション」が搭載された時代。



○↑「キーボード・パーカッション」が
 「自分でアサイン=自分で設定」する事が可能になった時代。



○「キーボード・パーカッション」で使用する「打楽器」「も」独自に、
 「音量」「リバーブ」「パン」の設定が可能になった時代。



○↑これらの他に、
 「キーボード。パーカッション」で使用する「打楽器」「も」独自に、
 「打楽器の「チューニング」」の設定も可能になった時代。





長い時代、
「エレクトーンの「リズム」」は、
「「メトロノーム」の「延長」程度で良い」とされた期間が有り...。
それが、
時代の流れ(時代の力)で、
「リズム「も」大切な演奏の1つ」と言う考えに変化して行き...。





↑これらの「時代」を辿りながら、
「何故「リズムにその機能が必要」なのか?」
も一緒に説明させて頂く事で、
「エレクトーンとは何か?」
を再確認(再認識)して頂ける内容の講座(講演)を、
実施させて頂いております。

どうぞ御依頼下さい...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

こう言う感覚を持つ「必要」の理由...。Part7. [仕事(4)伝えたい、この思い。]

まず、下記の御準備をなさって下さい。

・「PK1」と「PK2」に、同じ「EBass1」を選択する。
・「PK1」は「8’」に設定し「Vol.24」に、
 「PK2」は「16’」に設定し「Vol.0(ゼロ)」にする。
 そして、
 「PK2」の「Vol.」を「VOLUME FINE」出来る様に、
 (つまり「Vol.0(ゼロ)~24」まで細かく設定出来る様に)
 エレクトーンの画面は「PK2」の表示にし、
 カーソルを「PK2」の「Vol.」に合わせておく。


・「最低音の「ド」」
 「低い方の「ソ」」
 「真ん中の「ド」」
 「高い方の「ソ」」
をそれぞれ「8分音符(ぐらいで)」で演奏しながら、
「PK2」の「Vol.」を「0(ゼロ)~(から)1ずつ」上げて行く。

「目安」は、例えば、
「ド」「ド」「ド」「ド」と「4っつ」演奏したら、
「Vol.」を「1つだけ」上げてみて、
同様に「4っつ」演奏すると言う様にし、
それを繰り返す。


又、
↑上記の「4種類の音程」をそれぞれ「4っつ」演奏したら、
「Vol.」を「1つだけ」上げてみて、
「4種類の音程」それぞれで「どんな変化」が感じられるか、
聴き分けをしてみる。



「たった「Vol.」が
「0(ゼロ)」から「1つ」」入った(上げた)だけで、
「PK1」の「E Bass1」の「8’」の「存在感」が違って来る事、
又、
「1つずつ」入れる(上げる)だけで、
「丁度良い(心地良い)「存在感」」になったり、
「PK2」の「16’」が目立ち過ぎたりする事を、
良く聴いてみて下さい。



良く、言葉で、
「ベースが「軽い」」とか、
「ベースが「重い」」とか、
言いますが、
↑これで、
「演奏方法(奏法)を変える」よりも、
「音色の設定」だけで「簡単に」
(「軽い」「重い」を)変化させられる事に気が付いて頂きたいと思います。


{み}



《追記》
↑この状態は、単に「Vol.」を「足す」だけでしたが、
例えば、
・「PK1」だけ、
 又は、
 「PK2」だけ、
 「SUSTAIN」を「0(ゼロ)」で入れてみる。
とか、
同様に、「SUSTAIN」の数値を
・「1」だけ、
 「2」だけ、
 等、工夫してみる。
とか...。

更に、「SUSTAIN」では無く、
「リバーブ」を
・「PK1」だけ、
 又は、
 「PK2」だけ、
とか...。
色々と試してみて下さい。

そして...。

↑これは、同じ音色の「EBass1」で行いましたが、
「違う音色」で試してみるとか...。

その「発展形」は、本当に「無限」です...。

是非、「御自分の「ベースの音(音色)」」を見付けてみて下さい。

そして!

「必死に」ベースの練習をする事「も」、勿論大切な事ですが、
それと同じ位、「音色の設定の仕方」が、
「演奏(奏法)」の「手助け」をする事に気が付き、
「創意工夫する」も、とても大切な事だと
気が付いて頂ければと思います。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。

http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

こんな【問題】、如何ですか? [仕事(4)伝えたい、この思い。]

【問題】
「ORGAN FLUTE」で、
「16'」と「2 2/3'」を共に「目一杯」入れただけの組み合わせの
レジストを作ったとします。

このレジストに「合う」曲(その曲名)を下記に書き出しなさい。


{み}



《追記》
この【問題】の【答え】は、どうぞ私の講座やレッスンで...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

進化の「過程」...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

「STRINGS 8'」が、
「もっとバイオリンに近かったらなぁ...。」
とか、
「オーケストラの「ストリングス」に近かったらなぁ...。」
と言う「夢」が、実現し...。

【音色の向上】



「FLUTE 8'」が、
「本物に近いだけで無く、
 ビブラートや「音質の変化」が出来たらなぁ...。」
と言う「夢」も、実現し...。

【ディレイビブラート】
【タッチビブラート】
【イニシャルタッチ】と【アフタータッチ】
【ホリゾンタルタッチ】
【バーチャルアコースティック音源】



「「リズム」と一緒に演奏出来たらなぁ...。」
と言う「夢」も、実現し...。

【リズムボックス】後に【プリセットリズム】



「「自分で」リズムを作れたらなぁ...。」
「その曲と「同じドラムのパターン」で演奏出来たらなぁ...。」
と言う「夢」も、実現し...。

【リズム・パターン・プログラム】
【リズム・シーケンス・プログラマー】



「音色が、「もっと」楽しく、面白く、変化したらなぁ...。」
と言う「夢」も、実現し...。

【サスティン】
【リピートスピード】



「↑これが、「もっともっと」効果的に、変化したらなぁ...。」
と言う「夢」も、実現し...。

【(ディレイ・フランジャー等の)エフェクト】



そして...。



「演奏中、↑これらの事が「瞬時に」変更出来たら良いのになぁ...。」
とか、
「演奏だけに集中」出来たらなぁ...。」
とか、
「自分で作った「レジストレーション」を、
 簡単に、他のエレクトーンででも「使える」様に出来たらなぁ...。」
と言う「夢」も、実現し...。

【音色を「ボタン」化】
【音色群の「ON/OFF」=「アンサンブルボタン」】
【レジストレーション・メモリー】
【各種記憶媒体でデータ保存】



↑これらが「夢」だった時代...。

「どうやったらそれを補えるか」を工夫した事、
凄く役に立つ筈です。

そして、それは、この先、どんなにエレクトーンが進化しても、
凄く役に立つ筈です。



「楽器が便利になった分、それに甘んじる事なかれ...。」


{み}



《追記》
【E-70】の時、私の周りでは、
「レジストを書いておく用紙=そのデザイン」を作る事が流行りました。

様々な「ボタン」や「つまみ」の状態」を書き留めておく際、
「ノートに走り書き」では「曖昧(あいまい)」なので、
それを書いておく「用紙」をデザインしました。

それはそれで楽しかったのですが...。

でも、やがて、「書き留めておく」より、
「しっかりと記憶した方が良い」事に気が付き...。

沢山の曲の、それぞれの「設定」を忘れない為に、
毎日、それらの曲を弾く事をし...。

弾く事をしながら、それらの曲は「変化」「変更」され...。

それは、結果、日々の「進歩」は少なく小さい物だったとしても、
「弾き続ける事」の大切さを、痛感する事になり...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

簡単「移調」奏...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

「ORGAN FLUTE」の「8'」だけで、
レジストレーションメモリー。
(ここでは「メモリー番号1」とします。)

次に、
「ORGAN FLUTE」の「5 1/3'」だけで、同様に、
レジストレーションメモリー。
(ここでは「メモリー番号2」とします。)


↑これで「何か」を「ベースを使わないで」を演奏します。
「メモリー番号1」で演奏した後、続けて
「メモリー番号2」で演奏すると、
あ~ら不思議、簡単に「移調」奏が出来ました...。

残念ながら「PEDAL=足鍵盤」には「ORGAN FLUTE」が無いので、
↑これが出来るのは「UPPERとLOWER鍵盤」だけでですが...。


移調!

じゃなかった、
以上!


{み}



《追記》
↑これ、
「オルガン」を良く御存知でも、
「何故、これで移調奏が出来るのか?」
が解らない方、多いです...。

この先は、どうぞ私の講座やレッスンで...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

解かって頂きたい事...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

突然ですが...。(と言う「書き出し」が多い、このブログです...。)

よく誤解されますが...。

コンサート等で演奏させて頂いている時、
「演奏に集中出来ないから」
「気持ち良く演奏させて頂きたいから」
静かにして頂きたいと思った事は、一度も有りません。



演奏中の、
・ひそひそ話
・切り忘れた携帯電話の音
・突然のお子さんの叫び声
等等等、そんな物は全く気になりません。


でも、それに寄って(それが「原因」で)、
「他のお客様」の「迷惑そうな顔」「残念そうな「表情」」を見ると、
本当に申し訳無い気持ちになってしまいます。





「お集まりの方々には、皆様(全員)にお楽しみ頂きたい」です。





御想像以上に、舞台から拝見する客席は、
お一人お一人のお顔や、その動作が良く見えます。

それは、客席が暗くても、
「(舞台の)照明の明るさ」で、本当に良く見えます。





ですから、どうぞ、
「その会場にお集りの「他の方々」の為に」、
お聴きになられる時の「マナーを」お守り頂ければと思います。


{み}



《追記》
「学校での演奏=鑑賞教室」では、
「静かに聴く事「も」勉強する時間」にして頂く様に
「あれこれ」工夫をして、演奏させて頂いております。

しつこいですが、これも、決して、
「演奏に集中出来ないから」
「気持ち良く演奏させて頂きたいから」
静かにして頂くのでは有りません。

お子さんの「集団」を静かにして頂く事、
そしてそれを保ったままにする事は、
確かに大変ですが、でも、とても楽しいです。

「何故、静かにして欲しいのか?」
「何故、静かにしなければいけないのか?」
をきちんと説明すれば、解って頂けるものです...。

その時間(「鑑賞教室」)を境に「学校の雰囲気が変わった」と言う
嬉しい御感想を頂戴した事、何度も有ります。
有り難い事です...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「エレクトーンの「い」」。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

【講座/エレクトーンの「い」】
と言うのを展開させて頂いております。

「い」と言うのは、
「「いろは」の「い」」と言う意味も含まれますが、
決して「それだけ」では有りません。


「い」には「意見の「意」」と言う意味も有ります。
「い」には「意味の「意」」と言う意味も有ります。
更に、
「い」には「異」と言う意味も有ります。

いつの間にか、
「間違った状態」のまま「定着」してしまった、
「エレクトーンの色々な事(奏法・操作方法)」に、
僭越ながらその「間違い」を「訂正」して頂きたいと言う思いから
始めさせて頂いた講座です。



当たり前の様に使われている、
エレクトーンの、様々な「名前」の意味、
まずそこから(この段階から)御説明させて頂ければ、
そんな思いから始めた「講座」です。



例えば...。



「UPPER」とか「LOWER」と言いますが、
これの「意味」や「理由」、御存知ですか?

意外な事に、これを「正しく」「理路整然と」説明出来る
「エレクトーンに関わるお仕事」をなさっていらっしゃる方々、
本当に少ないです。

これ、「ただ「鍵盤が「上」と「下」だから」だけでは有りません!



(別の)例えば...。



「STRINGS」とか「BRASS」と言う「楽器の集合体」の名前、
これの「意味」や「理由」、御存知ですか?

又、
「何故、「ORGAN FLUTE」と「FLUTE」と言う名前なのでしょうか?」
「そもそも「FLUTE」とは「何を意味する言葉」なのでしょうか?」
これらの「答え」や「理由」、御存知ですか?



(更に違う)例えば...。



「MDR」と言う言葉は、「何の略称」でしょうか?
これの「意味」や「理由」、御存知ですか?

又、「MDR」と言う言葉の「略称」が、
「ある機種」から「変更」されましたが、
それの「意味」や「理由」、御存知ですか?

そう言えば...。

よく、
「MDRが録音を開始し始めたら
 「演奏で一番最初に使用する「レジストレーションメモリー」の番号」
 を「必ず」一回押してから、
 「演奏を」スタートしましょう。」
と言われますが、
この「必要性」の「意味」や「理由」、御存知ですか?

又、「↑これを忘れると「どんな事(現象)」に陥りますか?」
「↑これを忘れない為の「安全策」として、
 「ある機能」を使用する事が効果的です。」
これらの「答え」や「理由」、御存知ですか?



そう言えば、
そもそも、↑この「MDRが録音を開始し始めたら~」自体、
御存知無い方、とても多いです...。

そして!
↑これらも、「正しく」「理路整然と」説明出来る
「エレクトーンに関わるお仕事」をなさっていらっしゃる方々、
本当に少ないです。
「「MDR」が「世の中に」登場してから、もう何十年と経っているのに!」
です...。



そして...。



「「そんな事」、
 「こんな事」、
 解からなくたって、エレクトーンは弾けるでしょ!」
と、おっしゃる、
「エレクトーンに関わるお仕事」をなさっていらっしゃる方々、
本当に多いです...。



でもね...。



「そこ」が解からないから、
「その次」も解からない、
又は、
「そこ」が解かると、
「その次」も解かる、
こう言う事をお伝えしたいのです!


「機能を」理解する前の、もっと「基礎の段階」から、
「大元(おおもと)」から、
きちんと御理解頂くと、
エレクトーンの演奏中や操作中の「?」が、どんどん少なくなり、結果、
それら(エレクトーンの演奏や操作)が「とても楽しくなる事」、
お約束致します。



どうぞ、御依頼下さい...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

シングルキーボードで...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

その昔、
「ポータトーン=シングルキーボード」で
↓この曲を弾いた方がいました。



【Steppin' Out(extended video)/Joe Jackson】

その「ポータトーン」には、
このリズム「そっくり」のリズムが内蔵されており...。

右手で、↑この曲の「メロディー」や「和音演奏」、
そして、
左手で、↑この曲の「ベース」を、
それぞれ演奏する形で、弾いていらっしゃいました...。



と、「敬語」で書かせて頂きましたが、
実は、その方、
「まだ大学生さん?」と思ってしまう程「若い方」で、
明らかに(その当時「20代」だった)私にとっては
「年下の方」
でした。

そして(その方は)、
「ポータトーン」の「デモンストレーター」の「新人さん」だったと
記憶しています。



↑この曲が「流行り始めた」頃で、
その演奏は、正に「タイムリー」でしたし、
又、「ポータトーン」と言う「楽器」を
「アピールする=デモンストレーション」するのに、
実に「効果的」だったと思います。



偶然目にした、その「デモンストレーション演奏」は、
他の曲も、どれもとても上手で、
「見せ方」
「見られ方」
がきちんと解かっている、
「安心して見ていられる「デモンストレーション演奏」」でした。


「しばらくその場に「釘付け」」状態で、
「上手だな...。」
と思って聞かせて(見させて)頂きました。


そして、その時、
「「新人で」こう言う状態なら、
 すぐに人気が出て、近い将来、必ず、有名になるだろうな。」
と思っていました。

しかし...。

残念ながら...。


その方が、
「どう言う経歴で」
「どう言う経路で」
「ポータトーン」の「デモンストレーター」になられたのか、
「知る術(すべ)」も無く、
結局、その時に見掛けたのが「最初で最後」でした...。



今でも、↑この曲を聴く度、その時の事を思い出します。

きっと、どこかで「音楽に関係する仕事」は
なさっていらっしゃるのではないかと、思いますが...。


{み}



《追記》
その後、↑この曲を演奏なさる
「ポータトーン」の「デモンストレーターの方」が多く
出て来ました。

「大ヒットした曲」ですから、
こう言う状態、「納得」出来ます。

でも...。

確かに、どの方も「それなりに」上手な演奏でしたが、
でも、↑この方の演奏には、及ばず...。

偉そうですが、
↑この曲は、「勢い」が大切な曲です。

そして、「曲の始まりから終わりまで」、
「一括して「勢い」をキープする事」が必要な曲です。

ですから、その「勢い」に「気負い」が有ると、
「途中で「息苦しく」なってしまう」、
そんな曲です。

例えるなら、
「上手なマラソンランナー」の様に、
「「始めから終わりまで」ペースを「崩さず」「乱さず」走り切る」、
そんな演奏が「要求」される、
そんな曲です...。

↑こう言う事、そして↑こう言う「演奏「力」」は、
決して「誰かに教わって「身に付く」」のでは無く、
「自分で感じ取る事が出来る」
つまり、
「自分の演奏を「自分自身で客観的に「聴ける」「見られる」」」
「持って生まれた能力」なのではないかと思います...。{み}



《追追記》
仮に、↑この曲を「エレクトーン」の「デモンストレーション」で
演奏したとします。

↑この方の様に、
右手で、↑この曲の「メロディー」や「和音演奏」、
そして、
左手で演奏なさった、↑この曲の「ベース」は、
「左足」で、
その代わり、
左手は、↑この方、
つまり「シングルキーボード」では
「演奏「しなかった」「出来なかった」」、
「曲の間中ずっと「小さい音量で聴こえる」和音演奏」
をしたとします...。

きっとそれは(その演奏)は、
「とても難しい演奏をしている様に」見えてしまうと思います...。

この「ベース」は、
「両足ならば」、演奏して「出来ない」物では有りません。

でも、この曲中、「ずっと」それを行う事は、
かなり「大変」で...。

ですので、
それは、
「「難しそうな演奏」に見えてしまう」筈です。

このブログで、よく↓この事を書かせて頂いておりますが、
「デモンストレーション演奏」は、
「コンサート」や「リサイタル」とは違い、
「エレクトーンを「知らない方」へ、
 「弾いてみたい」「習ってみたい」「家に所有したい(=購入したい)」
と思って頂く事」、
これが目的で行われる事です。

ですから、
どんなに格好良くても、
どんなに難しい曲を弾いても、
それが、
「エレクトーンって難しそう...。」
とか、
「エレクトーンって凄過ぎて、私には無理...。」
と思われる演奏では、何もなりません...。

「デモンストレーション」の演奏は、
「エレクトーン「の」」(又は「その楽器「の」」)
デモンストレーションで有り、
「それを「弾く人「の」」デモンストレーション=実力のアピール」
では、決して無い事、
それを良く覚えておいて欲しいと思います...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

こんな御提案を...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

このブログで、何回か、
・「エレクトーンのアンサンブル」について。
・「エレクトーンの「キーボード・パーカッション」」について。
それぞれ書かせて頂いた事が有ります。

今日は、その「合わせ技」みたいな内容の事を
書かせて頂こうと思います。



とここで...。

ちょっと話題を変えて...。



いつの間にか、
エレクトーンのイメージが、
「「今流行りの曲を「若い女性が」演奏する」楽器」だと
定着してしまった様で、とても残念に思っております...。

ですから、私を含め、
・「それなりの年齢の「男性」」が。
・「演奏家(演奏する事が「仕事」)」で存在する事」
に、とても驚かれてしまいます。

そして、
「男の人でも、エレクトーン、弾くんですね。」
等と言いながら「露骨に」驚かれたりすると、ちょっと...。



と言う訳では無いのですが...。

「それなりの年齢の「男性」」が演奏なさると
きっと格好良いだろうなと思う曲を御紹介させて頂きます。

それは↓この曲です。



【PATRICIA(パトリシア)/HUGO MONTENEGRO】

私が思うのは、
・「最低4名」でのアンサンブル。
・左右の端の方は「キーボード・パーカッション」でリズムを担当。
 ↑
 「「R・P・P」=(リズムを打ち込む機能)」は一切使わず、
 又、「「オートリズム」=プリセットのリズム」も一切使わず、
 「右手・左手・左足(時に「右足」も)」を全部使って、
 「キーボード・パーカッション」を演奏。
・中央の左右の方は、「パーカッション(リズム)以外」を担当。
と言う形の「アンサンブル」は如何でしょうか?



と、勝手な御提案をさせて頂いておいて何ですが、
もし、
↑この曲を「完全コピー」で「何かの機会に「演奏」なさる」のなら、
「著作権」に関してきちんと「許諾」を受けて頂く様に、
お願い致します。
勿論、↑この曲の「PATRICIA(パトリシア)」に関しての
「著作権」に関しても、同様です。


{み}



お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「3っつのパート」を、きちんと...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

右手でメロディーを演奏し...。

左手でコード(和音)を演奏し...。

左足でベース(低音)を演奏し...。


この「3っつのパート」だけで、
本当は「最低でも二人」「最高だと何十人(時に百人以上)」
居ないと演奏出来ない曲(音楽)を、
「たった一人で」「たった一台のエレクトーンで」
演奏出来る。

それは、エレクトーン。

それが、エレクトーン...。

なんて楽しい「楽器」だ...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「オルガンの音色」を御自分で...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

(昨日の続きです。)

いつもの事ながら、
「文章だけ」で伝えられる内容では無いのですが、
今日の内容も頑張って書かせて頂きます。
どうぞお付き合い下さい...。


エレクトーンが「タブレット」から「ボタン」になり、
「オルガンの音色」も「ボタンで=プリセットで」存在するので、
「それしか使わない」方が多くなりました。

又、STAGEA(【ELS-01シリーズ】)から、
「ORGAN FLUTE」を使えるのが
「C(カスタム)以上」になってしまったので、
「ORGAN FLUTE」で「オルガンの音色」を
御自分で作れる方が少なくなってしまいました...。

これが作れる様になると、
エレクトーンの「面白さ」「楽しさ」が倍増すると思うのに、
残念です...。





そもそも、「ORGAN FLUTE」の
例えば「8'(8(はち)フィート)」の読み方(呼び方)や、
何故「フィート」と言う表現をするのかと言う
「オルガンの基礎」自体「いつの間にか」忘れ去られてしまい、
結果、
「「FLUTE 8'」を「4'」にすると「PICCOLO」として使える」
と言う事が「ちんぷんかんぷん」で伝わらない様になってしまいました...。

本当は、↑これが、
・エレクトーンのレジストレショーン作成の「基礎」。
・エレクトーンの「本当の」楽しさ。
だと、私は思います...。



話を元に戻します...。



「オルガンの音色」を
「どうやって作るか?」と言う、
「エレクトーンの「機能の使いこなし」」をここに書く事と、
「どうやって「その音色の感覚」を養うか?」は、
とても一朝一夕で身に付く物では有りません...。

でも、「この感覚」を身に付ける事は、
そのまま「他の音色を作る感覚」に繋がります。

それは、
・何を。(音色の選択)
・どれ位。(量・音量)
・どんな風に。(音色効果=EFFECT)
足せば「どんな音色になるか?」
それが、「音色を作る感覚」に繋がるからです...。





「オルガンの音色なんて、作れなくたって
 「オルガンのボタン」を押して、その中から選べば良いでしょ?」
とおっしゃる方、意外に多いです。

でも、
その「オルガンの音色」の「ボタンで=プリセットで」存在する物と
「FLUTE ORGAN音色」を組み合わせで作る「オルガンの音色」は、
益々「面白く・楽しい」です。



例えば...。

《ここから~》
<1>
「VOICE EDIT」で
「某「オルガンプリセット」の「レスリースピーカーの「空気音=破裂音」」」
だけにする。

<2>
「ORGAN FLUTE」の「某フィート」だけを「某量」入れる。

<3>
その「<1>」に「某音色効果(EFFECT)」を掛ける。
(その数値も、勿論「自分で設定」する。)

<4>
同様に「<2>」に「某音色効果(EFFECT)」を掛ける。
(その数値も、勿論「自分で設定」する。)
《~ここまで。》





この「《ここから~》《~ここまで。》」は、
「文章だけで伝えられる事」です...。

どうぞ、↑この「答え」、
そして「オルガンの音色作り」の「Know & How」や、
「上記の「こう言う感覚」の「意味」」は、
どうぞ私の講座やレッスンで...。


{み}



《追記》
「オルガンの音色」は、
「クラッシックのオルガンの音色」も有ります。

この音色の作り方も、研究すると面白いです。

例えば、「パイプオルガン」は、
「パイプ」の中に「空気を送り込んで音を鳴らす」楽器です。

でも、↑この「空気を送り込んで音を鳴らす」楽器は、
「吹奏楽」で使われる楽器の(打楽器を除く)全てです。

と言う事は、「パイプオルガン」の音色を作る時に使える音色は...。

この先も、どうぞ私の講座やレッスンで...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

こう言う「訓練」「自主練」も大切です...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

ふと...。

「もし、
 「「過去のエレクトーンで「好きな機種」を1つ、手に入れる」
 としたら、何の機種にしようかな?」
と言う「発想=原点」から、思いを巡らし...。


「やっぱり【○○○】かな?」
「でも、【○○○】も良いし...。」
と、あれこれ、
そして、色々な機種を思い出し...。

機種名は【○○○】と「伏字」にしました。



その思いはどんどん巡って、
「【○○○】に【○○○】の「■■■■■」を加えて...。」
「そうそう、それに【○○○】の「■■■■■」も加えて...。」
と、更に、あれこれ、
それぞれの「機種の「特徴」」や、
「気に入っていた箇所」を思い出し...。

その「特徴」や「機能」も「■■■■■」と「伏字」にしました...。





↑これは、「(その時々の)今の」エレクトーンでの、
・レジストレーション(音色作り)
・リズム作り
にとても「必要な事」だと思います。

それは、「レパートリーの中に」「そう言う要素」を入れる為では
決して無く...。





今までの経験で例えるならば...。


<例1.>
【FX-1】で
【GX-1】の「ストリングス」と「ブラス」の音色を作って欲しい。


<例2.>
【EL-90】で
【HS-8】の「ストリングス」の音色を作って欲しい。


<例3.>
【EL-90】で
【D-3R】(又は【E-20】)の「リズム」を作って欲しい。

【御注意=エレクトーンにまだ「アナログリズム音色」が搭載される前の事です。】

等、等、等...。





これらは、全部、「その時々(それぞれの楽器の時代)に」、
その機種へ「買い替えをするお客様」から、
「今まで御自分の持っていた機種」で
「良く使っていた」「気に入っていた」音やリズムを
「買い替えた後の機種」でも「出したい=楽しみたい」為に
御質問頂いた内容です。


こう御質問を頂いた時、
「えぇっと...。」
と「考えてしまう」のは、エレクトーンデモンストレーターとして
恥ずかしく...。
(これを「恥ずかしい」と思えなければ、
 「とても成り立たない仕事」だと思います。)

こう言う御質問への「日々準備」し、
「「即答」出来る状態」にしておく事が必要です。



「以前の機種」を「絶対に「否定」」せず、
でも、
「今の機種」へ「買い替えて(乗り換えて)頂く」為に、
「過去のモデルの「特徴」や「機能」を忘れない様にし、
それを「どんな機種でも「出せる」「再現出来る」様にしておく」事、
この仕事では「本当に大切な事」だと思います...。


{み}



《追記》
【D-2B】や【D-3R】【E-20】に「搭載」されていた機能の
「パーカッションボタン」の「4っつの音」を、
「再現」した事、有ります。

その「再現」は、
【ELSシリーズ】から「完璧に再現」出来る様になりました。

「これ」をお聞かせした時、
「その当時」を御存知の方々は、
「似てる!!!」
と驚いて頂けて、とても嬉しかったです。

その「再現」方法は、
どうぞ、「レッスン」や「講座」で、御質問下さい。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

急に思い出した事...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

先日(と言っても、この夏に入る前)、
渋谷の街を「あちこち」歩いていた時の事...。



・渋谷駅前、ハチ公像の「すぐ近く」で...。

・渋谷駅前、地下の半蔵門線乗り場へ繋がる階段の向かい側で...。

・渋谷、109、正面入り口で...。

・渋谷、道玄坂の「丁度途中」の「道路ど真ん中」で...。

・渋谷、PARCO、正面入り口で...。

・渋谷、スペイン坂を「上り切った」場所近くで...。

・渋谷、公園通りを上った、「NHK」前、交差点の近くで...。

・渋谷、東急本店、店頭で...。



過去、↑こう言う場所で演奏させて頂く機会に恵まれた事を思い出し...。
(「一度に」では有りません。)



以前にも書かせて頂きましたが、
「コンサート会場では無い場所=椅子が無く立ったままの状態」
の場所、
しかも「人の往来の多い場所」での演奏は、
「如何にして「立ち止まって」演奏を聴いて頂くか?」
を、あれこれ考えて演奏に臨(のぞ)むのも、
「面白さ」「楽しさ」の一つで...。



その、渋谷の街を「あちこち」歩きながら、
「ここは...。」
「ここでは...。」
と、↑これらの場所で演奏させて頂いた時の
「それぞれ」「色々な事」を思い出し...。

そして、「そう言う事」を思い出しながら、
いつの間にか、
「今、渋谷にいる」のに、
思い出は、「都内全体」、そして、「全国」へ...。



それはきっと、人に話すと、
「この場所でも?」
「そんな場所でも?」
と、驚かれる様な場所での演奏も多く有り...。

↑そう言う場所で演奏させて頂いた時は










と、「過去の自慢」をしてしまう事自体、
歳を重ねたと言う「証拠」か...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「本番」を楽しんで...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

「人前で演奏する事」を、どうぞ楽しんで...。


演奏時間は、ほんの数分...。
本当に「あっ!」と言う間に終わります。


ステージの上に「立てる」事、
ステージの上で「何かを行い、それを観て貰える」事、
そんな事は、人生の中で何度も在る事では有りません...。


「見られる事」「観られる事」、
「聞いて貰える事」「聴いて貰える事」、
こんな事、人生の中で何度も在る事では有りません...。


貴重な「ほんの数分」を大切に...。


{み}



《追記》
「緊張をするのは、「自分が上手になった事を認めた証し」」、
と言う「講座」や「講演」をさせて頂いております。

もし良かったら、どうぞ...。{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

「タッチトーン」の考え方を変えませんか? [仕事(4)伝えたい、この思い。]

例えば、
トランペットの音色で、
「ドレミファソ」と「スラー奏法=音を続けて演奏する」場合、
どんなに「奏法=指先」で「音を続ける」様にしても、
タッチトーンが、
「0(ゼロ)」(又は、それに近い設定)では音は続かず、
「1音ずつ「タンギング」をした状態」になってしまいます。

何故なら、
タッチトーンが、
「0(ゼロ)」(又は、それに近い設定)は、
「鍵盤を触れた瞬間の「強弱」表現」を、
「受け取れない状態」にしてしまった設定だからです。





「タッチトーン」は、
「強い音」を出したいから使う、
「指先の力が弱く「大きな音が出ない」」から使わない、
と言う「間違った認識」が定着してしまった気がします...。

更に、
「演奏する音」に「むら」が出てしまうから、
「「0(ゼロ)」(又は、それに近い設定)にした方が良い」
と言う「間違った認識」も定着してしまった気がします...。





内蔵されている、
搭載されている、
全ての1音1音それぞれに、
タッチトーンの「掛かり具合」が設定されています

例えば、
ピアノは、「繊細に」、「タッチの状態」を受け取る様に。
オルガンは、「本物のオルガン」に「タッチセンサー」が無いので、
「タッチでの変化」が「全く無い」 or 「殆ど変化をさせない」様に。

それぞれに、その音色(楽器)「ならでは」の「掛かり具合」が、
全ての1音1音に設定されています。

それは、「生の」それぞれの楽器の「特徴」を、
「鍵盤で」表現出来る様にする為に、
「繊細に」「緻密に」設定されています...。



等と書かせて頂くと、「より一層」、
「タッチトーン」が「恐い物」に感じてしまうかもしれません。

「タッチトーン」は、決して「恐い物」でも、
又、「意地悪な機能」でも有りません。

「演奏者・弾き手」の「表現」を受け取る「センサー」です。

ですから、どうぞ、それを「受け取れなくしないで」下さい...。

もう一度書きます。
タッチトーンが、
「0(ゼロ)」(又は、それに近い設定)は、
「鍵盤を触れた瞬間の「強弱」表現」を、
「受け取れない状態」にしてしまった設定です。



「音」「音楽」は、「強弱・音量」の「幅」が「命」です...。



と、今日も、
「文章だけで「上手く・きちんと」伝わったか心配」です...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー

踵(かかと)で演奏する方法は...。 [仕事(4)伝えたい、この思い。]

エレクトーンの「左足=ベース」の演奏で、
「爪先」だけで演奏なさる方、多いです。

それは、
一番最初に「左足=ベース」の演奏をする際、
「爪先で弾く事」から始めるので、
仕方が無い事だと思います...。

でも、「ある程度」曲を習得したら、
「爪先と踵(かかと)」の「両方で」演奏出来る様に、
練習してみる事をお薦めします。



「左足=ベース」で、
「8分音符」が「2つ」続く場合、
「爪先だけ」で演奏するより、
「爪先・踵」、
又は、
「踵・爪先」
の順番で演奏した方が、
ずっと「スムーズに」音が続きます。



ところで...。

「爪先と踵で演奏する」と言う事を、
不自然に「足首」だけを動かし、
「爪先だけ」「踵だけ」にしようとしていまいがちです...。

↑こうすると、5分も経たない内に、
「脹脛(ふくらはぎ)」が痛くなってしまいます。





「どこかが痛くなる奏法」は、間違った奏法です。
絶対に行ってはいけません。
又、痛みを我慢し、その奏法を継続してはいけません。





まず「足全体を使う事」を意識する事です。

その上で、
「足首」は脱力」し、
「太腿(人に寄っては「足の付け根」)から、
 「膝」と「足首」を持ち上げる」様にします。

この時とても大切なのは、
「足首」と「爪先と踵」は、共に「脱力」をする事です。

そして、
「爪先に「少しだけ」力を入れて「爪先だけ」にする」、
「「踵だけ」にする為に「爪先を持ち上げる」、
この様にします。

この時、「ほんの少しだけ」、
「爪先だけ」「踵だけ」にする為に、
「足首で「角度」を付ける」様にします。


↑これらの動きを「より楽に行う為に」、
「椅子には、しっかりと座る」様にします。

「椅子に浅く腰掛ける」のは、
腰を痛める「元」「原因」になりますので、
絶対にしないで下さい。



以上、↑これが「基本」です。





と、これ以上は、文字(文章)で伝えるよりも、
私の「講座・講演・レッスン」等で...。


{み}



≪お願い≫
↓これは、以前に書かせて頂いた記事です。
是非、多くの方にお読み頂きたい内容の記事です。

↓このURLをクリックして頂くと、その記事へ移動致します。
http://yasuomiyauchi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-12
【失礼な噂、誹謗中傷に対して。[御報告致します。] /2013-06-12記入分】

どうぞお読み下さい。


{み}



共通テーマ:趣味・カルチャー
前の30件 | - 仕事(4)伝えたい、この思い。 ブログトップ